プロフィール

にょろり

Author:にょろり
■♀ 1977年6月15日生
■出身 大阪 
■職業 不良OL
■趣味 
エンデュランス出場を夢見る万年初心者。でもそこからは縁遠い草競馬に出てしまったり、結局、ムサシに乗れたらけっこう幸せ。
musasi1.jpg
チョウヨームサシ 
■青鹿毛 セン馬 アングロアラブ
アラブ血量 27.30% 
 1999年5月3日生
■出身 北海道三石郡三石町
父:ホーエイヒロボーイ(アア)
母:ナンブアルテミス (アア)
母父:スマノタイドウ(アア)
■職業 にょろり専属の乗馬
■趣味 にょろりをおちょくること

稼業をほっぽらかして派遣で働くやさぐれOLにょろりがブログを通じてみつけた自馬は今は衰退の一途をたどるアングロアラブでした。サラより従順といわれるアラブ種ですがとても一筋縄ではいかない性格のムサシと奮闘しながら乗馬ライフを模索中。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォッカ強かったナァ。。。。。

という余韻にひたっています。にょろりです。
ウォッカの馬体、雄大ですよねぇ。
牝馬とは思えない。。。。。。。

うちのムーさんは、小ぶりなので
馬をあまり見たことがない人にはよく仔馬と間違えられます。
はい、ちっちゃいことーは気にすんな♪ワカチ・・・(自主規制
ちっちゃくても1馬力ですよ。

先日お仕事で、大井競馬に行ってまいりました。
仕事とはいえ、、、、楽しかったわぁ むふふふふ

的場さんのガッツある追い込みも見られたし
御神本さんの華麗な騎乗も見られたし

パドックで写真撮ってましたら、彼女と目が会いました。
アイムサンバディ

すらっとしてたので最初は牡馬かなぁと思ってました。
よく見たら女の子です。こちらを向いたのはカメラのレンズが
気になったのかもしれませんが、毎回回るごとに、
こちらを向いていました。
カメラは他にもあったけどどうしてかなぁ。
緑色の服着てからか?

ところで、大井競馬のコースの真中のところに
ポニー広場や公園などがあるんですが、
そちらをうろうろしてましたら、こんなものが

はい ド━(゚Д゚)━ ン !!!
トラック

トラックです。なんで、なんでー?
これ何に使うの?
教えてエライ人!!

次回も大井中継続きます。
スポンサーサイト
クッキー
気になる
クッキー02
気になる
クッキー03
( `_ゝ´)ムッフー

ギャー、レンズが曇る(;´Д`)

クッキー00
ムサシの仲間が増えました。
尾花栗毛なクッキーたんです。
何故か写真を撮ろうとすると白目が。。。。ヽ(;´Д`)ノ
もっと実物は美人です。
ひさしぶりにムサシに会ってきました。ゴールデンウィーク。

新幹線はガラガラでした。
すごいですねETCパワー

ムサシは相変らず元気でした。
が、放牧中に足を少々痛めました。

とても痛がって(汗だくで、いなないてました)いたので
顔面真っ青になりましたが思ったより軽症のようで
翌日にはけろっとしておりました。

久々にいくのだから!
と張り切って一眼レフ持っていきましたが
当のムサシに写真を向けると

musasi1.jpg
これ美味しいのか?

musashi2.jpg


近っ ヽ(;´Д`)ノ
カメラをかじるな!

というわけで、断念。

今度、ちゃんと撮ろうと思います。


ところで、5月3日
ムサシ10歳になりました。☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

今回、長年乗馬を教えていらっしゃる方と
お話する機会があったのですが、
(おそらく50代後半くらいのお年の方なのですが)
ムサシのことを話すと
「アラブっこは、もう少ないからねぇ」
とおっしゃってました。

乗馬の世界でもそうなんだぁ・・・としみじみ。

ムサシ、長生きしろよ。
出発直前のオースミさん。
オースミ5
彼の馬房は厩舎入り口の正面で、いつも真っ先に
お出迎えしてくれていました。

この後、馬房を出される時、一瞬だけ嫌がってましたが
その後は素直に動きました。
オースミ6
オースミ7
オースミ8
オースミ10
後の扉が閉められます。
隣には違うところから来たお馬さんが一緒です。
どうやら同じところに一緒に向かうようです。
これから仲間ですね。

オースミ11

最後までカメラ目線を忘れないオースミさん。
サービス精神旺盛なお馬さんです。

この後、トラックが走っていくのを見送りました。
自分の馬じゃないですが、必死で泣くのをこらえてました。
何度経験してもなれません。
幸せになってね。
今日、オースミを送り出してきました。

オーナーのタクさんは仕事でどうしても
都合がつかなかったので、
私が、オースミを連れて牧場内を散歩して
草を食べさせてました。

基本的に動じない性格のオースミは
鳥や人の声にもまったく臆することなく
もしゃもしゃ草食べていました。
次の場所では、とても大事にしてもらえるだろうけど
こんな風に自由には草は食べられないと思うよ。

馬運車でしばらく動けないことを考えて
汚れてしまうけど放牧して砂あびさせました。
オースミ3

黒い馬は虫にたかられやすいからなのか
砂浴びがお好きなようです。いつも右側から
砂浴びします。

汚れてしまったついでに軽く運動しました。
オースミ4

綺麗な馬体だなぁ。

オースミの素晴らしいところ
オースミ2

皮膚が薄い。
現役を退いてもう数年たっているけれど軽い運動で
こうやって血管が浮かびあがります。

この後、綺麗に汚れをふき取り
ブラッシングして、タテガミを梳かし
男前に仕上げました。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。