プロフィール

にょろり

Author:にょろり
■♀ 1977年6月15日生
■出身 大阪 
■職業 不良OL
■趣味 
エンデュランス出場を夢見る万年初心者。でもそこからは縁遠い草競馬に出てしまったり、結局、ムサシに乗れたらけっこう幸せ。
musasi1.jpg
チョウヨームサシ 
■青鹿毛 セン馬 アングロアラブ
アラブ血量 27.30% 
 1999年5月3日生
■出身 北海道三石郡三石町
父:ホーエイヒロボーイ(アア)
母:ナンブアルテミス (アア)
母父:スマノタイドウ(アア)
■職業 にょろり専属の乗馬
■趣味 にょろりをおちょくること

稼業をほっぽらかして派遣で働くやさぐれOLにょろりがブログを通じてみつけた自馬は今は衰退の一途をたどるアングロアラブでした。サラより従順といわれるアラブ種ですがとても一筋縄ではいかない性格のムサシと奮闘しながら乗馬ライフを模索中。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
放牧中のムサシ
ムサシ1

ちょっと写真を撮ろうかなぁと近づいたところ

ムサシ2
「あ・・・」
ムサシ3
ムサシ4
ムサシ5
ムサシ6
ムサシ7

近い!近すぎる。
写真撮れないよ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

スポンサーサイト
すっかり、最近サボりぐせ。。。もとい
結婚式準備で忙しいのでかんにんしてください。
リンク先のブログへの訪問も最近なかなかできずにおりますが
にょろり、生きています。

さて、最近のムサシの近況。
N師匠が、レッスンをつけるときに、ムサシに乗ってくださっているそうです。
Nさんのレッスンはすべて個人レッスンなので、
部班のような練習のときはNさん自ら馬に乗って先導するわけですね。
その時にムサシが出動するらしいのです。

ってムサシ、先導できるのね!
乗る人が違うと馬は変わる。おりこうだムサシ。

週2回くらいはしっかり乗って頂いているとのことで
きっと彼はご機嫌に違いない。

もし話せたら
「にょろり?ああ、あの餌係ね。」
とか余裕こいて言ってそう。

ところで、DVDハロン見ました。
楠賞の様子は以前の日記にもご紹介しましたコチラを。

おそらく400キロ前半だと思われる現役時代のムサシは
ほんとに地味で(あまり特徴が無いのが特徴の)小さな馬。
馬群の中からポンと出たときも先頭を走っているミスターサックスに
とても追いつけるようには見えませんでした。
吉田御大の「ミスターサックスを交わす気か!」の絶叫も聞けました。

でも一生懸命走ってるの、
ディープのような華麗な跳ぶ走りじゃありません。
キャタピラみたいに足が高速回転してとにかく一生懸命。
気がつけば半馬身ほど抜けてゴールしていました。

しばらくしてから、ジワジワと感動して涙ダーダー感動でした。

競走馬って、けなげだよう。
明日、そんなムサシに会ってきます。
さて、覚えてるかなぁ。
熱血ホースメンおスナ氏からのお話は続きます。

ムーさん、おスナさんに再会して一発目に
服のすそをくわえておこられていました。
すぐ離すもののもー、怒られてるのに目がキラキラ・・・
おスナさんに遊んでもらう気まんまんでした。

そう、ムサシはメンズ好き。2年前までお世話してくれていた
おスナさんを忘れているわけがなく、私の存在そっちのけで
ひゃっほーい、おスナさん
キタワァ*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:* ミ ☆

という気分だったにちがいありません。

わたしには見えたよ、目の中にハートマークあったよ、ムサシ。

つなぎ場でも、タテガミすいてもらって気持ちよさげ。
私の時とえらいちゃいまんなぁ・・・(;´Д`)
おスナさんにも手入れしてもらいながら私も手入れしているので
かまってちゃんのムサシ王子はVIP待遇に調子ノリノリ。
くるしゅうない、くるしゅうないってさ。

おとなしくなったといわれたのはムサシは馬装のときもおとなしい。
そう、ムサシは馬装のときはとってもおりこうさん。
ハミも「はい、あーん」でくわえてくれますしね。
前はこんなにおとなしくなかったそうです。
N師匠の調教のたまものです。

さて、
どうやら今ムサシが食べているご飯は金沢にいるときと
ほとんどかわらないらしく、ムサシの体型もあまり変わらないそうです。

この日、N師匠もいらしていたんですが
N師匠いわく、ムーさんは、飼いを少々増やしても減らしても
体型がほとんど変わらないそうです。
アラブの不思議・・・・?

とはいえ、すっごく太ったり、すっごくやせてたりでは
おスナさんも心配ですよね。
変わらないムサシに再会していただけてよかったです。
私が浜松にいけない間、お世話をしてくださってるN師匠をはじめ
皆様に感謝でございます。
おとといのことです。

相方と銀座に買い物に行っていたのですが、
新年早々、何を血迷ったか
入ってしまった店があります。

HERMES

あそこね、入り口にドアマンがいるので、
適当な格好ででかけていた私たちは
ドレスコードでひっかかったらどうしましょう・・・
とか一瞬おもっていたんですが、アッサリ入れました。

もちろん私、ケリーとかバーキンとかまったく興味ないですよ。
当然、行った理由は

馬具

有名なことですがエルメスはもともと馬具屋ですから。
そこでの革製品の技術をバッグなどに発展させたブランド。
とはいえ当然、馬具コーナーで真剣に物色してるのは私たちだけでした。

エルメスの馬具は、評価が高いので気になっていたのですが
先日乗馬ライフにも掲載されていたことを思い出して
行ってみたんですね。。。。

ステキでした。デザインも洗練されていました。
トウラクなんて、危うくその場で買ってしまいそうでした。
いや。まだ狙っている。正直言うと。
馬具のカタログは鞍のものしかないというので
とりあえずもらってきました。

でも鞍はやっぱり、外国人の体型に合わせて作られている点
日本で乗馬で使っているサラとかアアのように
キコウ(首のつけね)が高くてとがっているようなタイプの
お馬さんには合わないかもなぁーなんて感じがいたしましたよ。

やっぱり日本人はソメスサドルが有名どころでしょうか。
以前、通っていた成田の乗馬クラブの近くにあった
ライディングショップ池上さんも有名ですね。

池上さんの鞍は以前、お使いになってる方に
見せていただいたのですが革は柔らかく、座部の馬にあたる部分は
充分にクッションのある鞍で人にも馬にも優しそうな鞍でした。

本当は、鞍って、人より馬に合わせて作るものらしいんですよね。

そんなことができるのは贅沢な話ですが、
ながーく同じ馬に乗るのだったら考えてもおかしくない話です。

ムサシに合わせた鞍・・・・いいなぁ。。。。。
それを作れるほど結婚前の私に余裕なんてこれっぽちもありませんので
鞍の下にひくムサシに合わせたパッドくらいを今年は
手作りしようかなって思います。
本日久々にムサシに会ってきました。

さすがに会わなくても覚えているようです。

ふふふふふふんと低音の喜びの声をあげてくれました。
もっともご飯要求されてるだけかもしれませんが
飼い主としては騙されているほうが幸せなので
ムサシVIP対応で朝から放牧運動お手入れ三点セットで
ずっとかまっておりました。

ところでホースビレッジでは、去年の冬は
ティピーといういわゆるインディアンテントに
薪ストーブを入れて暖をとっていたのですが
今回はそのティピーも老朽化のため引退。

今年の冬はどうするのかしら?なんて思っていたら
夏に馬用にひさしをつけた小さな馬場があったのを
利用して人間用の小屋に改装。
薪ストーブとともに移動してそこが休憩所になることになったそうで
いつのまにか新しい小屋ができあがってました。
今日はそこにシートをはるのをお手伝い。
電気ドリルとか使ったことが無い
都会っ子の私ですが、がんばりましたよ。

これで風もだいぶふきこまなくなったので
いやー冬場も馬場で泊まれちゃいそうです。
居着いてしまいそうです。

夏はハンモックとかBBQとか馬以外にも
オトナの秘密基地と化してるホースビレッジは
馬以外の楽しみも多いです。

敷地内にもともと夏みかんの木があったり胡桃の木があったりで
旬のものもいただけます。あ、竹林もあるからたけのこもね。

ちなみに今日のお昼は薪ストーブでお鍋でした。
みんなで缶ビールで乾杯。結納をお祝いしていただきました。
ありがとうございました。

今日はOさんがブラジルのパンケーキみたいな
大きなフルーツケーキをもってきてくださって
これが( ゚Д゚)ウマー。

20071126010302.jpg


重すぎず軽すぎずフルーツの甘味なので
もりもり食べられちゃうので、ずいぶん食べてしまいました。
大きなケーキをずっと手放さなかったので
こんな感じで婚約発表でした。

20071126010313.jpg


色気ねぇー

食い気には勝てません。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。