プロフィール

にょろり

Author:にょろり
■♀ 1977年6月15日生
■出身 大阪 
■職業 不良OL
■趣味 
エンデュランス出場を夢見る万年初心者。でもそこからは縁遠い草競馬に出てしまったり、結局、ムサシに乗れたらけっこう幸せ。
musasi1.jpg
チョウヨームサシ 
■青鹿毛 セン馬 アングロアラブ
アラブ血量 27.30% 
 1999年5月3日生
■出身 北海道三石郡三石町
父:ホーエイヒロボーイ(アア)
母:ナンブアルテミス (アア)
母父:スマノタイドウ(アア)
■職業 にょろり専属の乗馬
■趣味 にょろりをおちょくること

稼業をほっぽらかして派遣で働くやさぐれOLにょろりがブログを通じてみつけた自馬は今は衰退の一途をたどるアングロアラブでした。サラより従順といわれるアラブ種ですがとても一筋縄ではいかない性格のムサシと奮闘しながら乗馬ライフを模索中。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
裸馬騎乗の画像をこちらの日記にUPしました~。

さて先日、ムサシについて調べていたら
ユーノすけさんHP「兵庫発アラブ現場主義」にたどり着き
ムサシの競走馬時代の画像UPのお許しをいただきました。
ユーノすけさんありがとうございます。
0605-last.jpg


0605-choyo-goal.jpg

<『兵庫発アラブ現場主義』より借用>
赤いメンコがムサシです。
毛色、黒いです・・・今は茶髪のヤンキー仕様のタテガミですが・・・
そして体が締まって見えますね。実際体型そのものがだいぶ違い
ます。が、隣のミスターサックスよりもこころなしか小ぶりで
丸っこいアラブっぽい体型に見えます。

ムサシの競走馬時代を知りたくてあちこち見に行っているのですが
ファン層も厚いサラのレースと違ってアラブのレースは動画などは
ほとんど無く、当時のレースの実況はなかなか伝わりません。
。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
そんな中ユーノすけさんは兵庫をベースに姫路、金沢、高知・・・
全国のアラブ重賞レースを、HPのタイトルどおり「現場主義」で
追っかけていらっしゃる、いわば「アラブの鬼」。画像はもちろん
観戦報告も充実しているので、アラブレースの臨場感をあふれる内容です。
そんなユーノすけさんによるムサシの出走した
『第41回楠賞全日本アラブ優駿観戦報告』はこちら

ユーノすけさん曰く、
現役時代のチョウヨームサシは2回しか見てはいませんが、
脚の回転が凄まじいピッチ走法で、弾丸の様に差し込んでくる姿が
印象に残っています。馬体の張りがピチピチで、青鹿毛真っ黒という
よりは、黒みがちょっと退いたガンメタのような毛色だったような
記憶があります。

とのことでした。
貴重な現役時代のお話を伺えてうれしい限りです。

現役時代のすさまじいピッチ走法・・・・と聞いて
今のまんまるな体で、陽だまりでまどろむムサシを思い出し
イメージのギャップに思わず( ̄ー ̄)ニヤリ
今は鬼走りとはほど遠いのんびり乗馬生活です。
スポンサーサイト
浜松からローレルが出発する数日前新入りのお馬が来ました。
名前はアグネスダリア、女の子みたいな名前ですが
れっきとした牡馬です。ω付です。

お父さんは2001年皐月賞馬アグネスタキオン
アグネスタキオンといえば
父は言わずと知れた大種牡馬サンデーサイレンス
母は1990年桜花賞馬アグネスフローラ
全兄2000年ダービー馬アグネスフライト

超良血なはずなダリアなんですが、この子は競走馬に向かなかったのか
晩成型で成績を残す前に見切られたのか乗馬として浜松にやってきました。

性格は、ボーっとしすぎるくらい大人しい馬。
まだ来たばかりなのに放牧場でも立ったまま
ウトウト寝ちゃうくらい大人しい。顔も幼さが残り
放牧場で楽しそうに跳ねるしぐさも仔馬のよう・・・
Mさんいわく「守ってあげたくなっちゃう」馬。
呼ぶと寄ってくるし、近くで人が集まって何か話してると
「何してるの~?」とよってきて人の頭をお口でモヒョモヒョ
人懐っこくてカワイイ・・・・やばいです、可愛すぎてクラクラします。
私は今回乗らなかったのですが素直で乗りやすいそうです。

競走除外になってからちゃんと食べさせてもらっていなかったのか
やせっぽち、でもゴハンは良く食べるのでしっかり体をつくって
良い乗馬になるといいですね。
一方カンパネラは・・・・

12月につなぎ場で転倒してからリハビリ中です。
こないだの週末は初めて人を乗せて軽速歩をやったそうです。

乗った方いわく、まだつらそうとのこと。
運動ができないためトモがぷよんぷよんになって
しまっていたので怪我の痛みより体力的に
しんどかったのかなぁ・・・・。

カンパネラは、反撞が少なく初心者向きなので
これからリハビリして初心者さん係をやらないといけません。

私は、草を食べさせてあげるくらいしかできませんが
今度の土曜日に会いに行こうと思います。

63aa9eec_640.jpg

ローレルが婿に行きました。

朝9時には出発ということで7時半過ぎに
最初にゴハンをあげてましたが、
いつも食べるのが早いローレルですが
何か察していたのかヘイキューブを少々残していました。

迎えの車が来る時間もせまっていたので
つなぎ場へ連れて行き、裏掘り。
馬房の中で横になって寝ていたようで葦毛の
馬体のあっちこっちにいろんな色が・・・・ということで
いっしょうけんめいブラッシング。

まもなく大きな馬運車が現れたとき、一番パニックを
起こしていたのはローレルよりも放牧場にいたムサシでした。
高い声で何度もいななくので、つなぎ場にいたローレルも
びっくりしていなないていました。
324490452_85.jpg


馬運車に乗せ用としたとき一度だけ嫌がって
またいなないていたローレルですが、2度目は
素直に乗り込みました。

私は馬を見送るのはこれがはじめてで
ローレルが車に乗り込んだのを見ていたら
さみしい気持ちになって 目がうるうるしてきました。
もう頭の中はずっとドナドナが・・・・
324490452_188.jpg


でも処分されずに乗馬クラブで新しい活躍の場を
与えられたので良かったです。

ローレル元気でね。
こんばんは、にょろりです。

26日の晩から高速バスにのり、一路浜松へ・・・
3週間ぶりにムサシと再開でございまいます。

早朝浜松駅に到着、そのまま始発のバスで牧場へ。
そーっと馬房に近づくものの、すでに中から低いいななきが
「ぶふふふふふふふふん」

中に入って私を確認するとムサシの馬房蹴りが始まります。

はやくごはんーー!!!

と催促です。。。。5頭いる馬の中でも自己主張の激しいムサシは
ゴハンの催促もアグレッシブです(;´Д`)
最近少々主張が激しすぎるので、あえてゴハン一番最後にします。
しかも食べるのが早いので、最後にしても最初に食べ終わります。
322979585_52.jpg

みんなお行儀よく・・・

322979585_191.jpg

ムサシはガツガツと・・・・

全頭順番に放牧。皆、砂浴び大好き、朝のように
低くいななきながらあっちこっちで、ごろんごろん・・・
特にオオスミブライトはテンション高くぴょんぴょん跳ねて
はしゃいだあとは、ずーっと何度もゴロゴローゴロゴロー
飽きないのかなぁと思うくらい。。。。。

この日は、ムサシは乗らずに、追いまわしだけして終了。

翌日、ローレルがお婿に行く日で5頭そろってのゴハンは
最後でした。
323565346_225.jpg


ローレルは、三重の乗馬クラブにもらわれていくことになりました。
323565346_114.jpg


ローレルのお父さんはアングロアラブでは珍しく
乗馬用の種牡馬になっているイムラッドです。
障害に適しているとか・・・
ローレルはもう18歳で今から障害はしないと思いますが、
丈夫でなんでもよく食べる元気なお馬

むこうの乗馬クラブでもかわいがってもらえるといいなぁ。
ムサシはお友達のタクさんの牧場に預けているのですが
私はなかなか浜松までいけないのでタクさんをはじめ
いろんな方がムサシの面倒をみてくださっています。
そしていろいろとお知らせしてくださいます。

もともと人懐っこく甘えん坊のムサシ、
いろんな人にかわいがってもらえて幸せです。
なんだかお顔もまあるくなってきてるみたい。
20070118011158.jpg
カメラを向けたタクさんにむむーっと近寄るムサシ。

特に前のオーナーさんは今もリハビリ中のムサシの
様子を見にきてくださってり、運動を入れてくださってますが
なによりムサシの悪いの癖だった咬癖をすっかり治してしまいました。

馬達のお世話にきてくれた女の子が
「ムサシ噛み馬じゃなくて舐め馬になりました。」と。

ムサシ、今は全然噛まないそうです。
ずっとぺろぺろ人の手を舐めてます。

馬は人によって変わるんですね
先日警視庁騎馬隊のことを日記に書きましたが
京都府警にも騎馬隊があることを発見しました。
京都府警平安騎馬隊のHPも発見しましたので併せて
ご紹介します。

警視庁騎馬隊より馬匹も少ないものの活動内容は
よりローカルで、イベント時の警護、パレードのほかに
小学生の登下校時のパトロールなども行っているようです。

びっくりしたのが、こちらの騎馬隊はほとんどの隊員さんが
乗馬未経験で配属されていること。みなさん入隊してから
訓練しているそうです。すごいですね。

ちなみに、警視庁騎馬隊は第3方面交通機動隊になります。
そういえば、昔、騎馬隊の馬に乗ったことありました。。。
小さい時に父が機動隊だったのでなにかイベントの時に
来てたんですよね。記憶ではでっかい馬に乗ったという
のがあったんですが、そのときの写真が数年前に
ひょっこりでてきました。今思えば、でっかい馬=サラ
だったんですね。

ちなみに全国で騎馬隊を所有している警察は
警視庁と京都府警だけです。
今日はわんこのことでも書いてみます。
うちの犬は計6頭、室内に5頭、屋外に1頭

それぞれ飼い主は別で、
私の犬は、ブリタニースパニエルとスムースチワワ。
妹はダルメシアンとダックス
両親がロングチワワ2匹

スムースチワワすもも、うちの3匹のチワワーズの中でも
一番ちいさいです。ちびっこすもも、かわいい女の子です。
人も大好き、犬は。。。。好きな犬と嫌いな犬がいるようですが
基本的にフレンドリー。が、気が強い、めちゃめちゃ気が強い・・・・。
いったい誰に似たんだろう?母としては穏やかに育てたのに。。。。
そしてなにしろ自分の体格をわかっていない・・・・・・・
気に入らない犬相手だと喧嘩上等に。

ふだんから私が帰ると後ろ盾が帰ってきたと(犬はそれぞれ
オーナーを理解しているようです)でそれは喜ぶんですが
その日はものすごい勢いで飛んできました。
「怖かった怖かったー あいつにやられたんよー。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン 」
といった具合で、膝の上でぴょんぴょんと抱っこを要求。
耳には血がにじんだバンソウコウをつけて。
事の次第をを妹に聞くと・・・・
私が留守中にすももより体重が倍あるミニチュアダックスの「ココ」が
すもものなわばりにしつこく近づいたのをきっかけにガチンコの喧嘩に発展
妹が止めようとした時にはすももの耳から流血・・・・・きゃあああああ。
そうでなくても、すももは片耳がうまれつき欠けてます。
片方の耳が半分くらい欠けているんですね、残ってる耳は
きれいにピンとしてたのにそっちがやられた。 。゜(゚´Д`゚)ノ
ココというのは妹の犬で新入りなんですが、上下の厳しい
犬社会において、そんな理屈の通らないニュージェネレーションに
すももが喝を入れたところなんと下克上にあったようです。。。
「ごーごー【ココ】~~、(-∀ー#)ゴルァァァァァァァァァァァァア!!」
と唸りながらダックスに目を向けるとすでにひっくり返って、
手を合わせてちょうだいちょうだい(ごめんごめんにも見える)をやりながら

ジョロロロロロロ     びびりション。。。
そんなに怖いか?( ´゚д゚`)えーーー?怖いなら生意気やるな!!

と、とりあえずびびりションはスルーして、すでに(*゚ー゚)ダッコシテモラッタ♪
と御機嫌になってるすももの耳をよく見ると
ちょっとだけど、かっ欠けてる・・・・・大事な耳が・・・・・Σr(‘Д‘n)
そして、さきほどのびびりションに目をむけるとびびりション継続中
浸水被害拡大中・・・・・○| ̄|_
他の犬たちは私の出す空気が御機嫌悪いの察してどこかに隠れているし

結局、すももを小脇に抱えながら、浸水地帯の清掃活動

うちは女子5匹にかこまれて小さくなってる気の弱い男子一匹
なのでめったにこの日のような流血沙汰にはならないのですがねぇ。
ちなみに、翌日はすももとココ一緒に仲良く寝てました。
まったく、彼女達はよくわかりません。
犬の多頭飼いは楽しいですがたまに大変です。
日本て馬多いですよね、意外と
昔は仕事につかっていたはずですが、現在は
競走馬と乗馬だけ、ちょっと寂しいですね。

でも効率とか考えるとそうなってしまいますね。
都内では公道を歩くのも危険だしなぁ。

その点、海外では街中を騎馬隊がパトロールしてたり
今でも仕事として使ってる国がけっこういますね。
アムステルダムでも街中を馬でパトロールしている
警察官をみかけました。あそこの街は道路がぼこぼこの
レンガだったりコンクリートだったりでけして足場は良くないし
なにしろ狭い道にさらに水路が街じゅうに入り組んで
いますから水面はキラキラ光るし、ボートもあちこち止まって
いますし(ボートで生活している人がけっこういるそうです)
もちろん車も人も通るし、馬にとっては障害がたくさん、
その中落ち着いて歩くということはとても訓練されて
いるんだなぁと今となってはつくづく思います。
当時はまったく乗馬をやっていなかったので
もう一度見てみたいなぁ・・・見方が違うと思うから。

日本の警察の騎馬隊、警視庁の騎馬隊は100年以上の歴史
があったりするそうですが今の活動内容は、イベント時のみ
で日常的に使っているわけではありません。
皇居前でのみパトロールを行っているようです。
ちなみに、ほとんどがサラ(一頭だけ違うようですが詳細不明)
でやはり元競走馬ですべて牡。
イベントに使うことを考えると牝馬は難しいんですかね?
あのテンジンショウグンも騎馬隊にいます。
皆、和風な新しい名前がつけられて、(小学生などに公募するようです)
馬房にはわらがしきつめられ、一日5回の飼い。
競走馬なみのVIP待遇です。当然ですがとても綺麗に
手入れされていてみな男前な馬ばかり。
ここで一生を終えられたら幸せでしょうねぇ。
もちろんある程度年齢がいくと退役しているはずです、
馬が入れ替わっていますから。警視庁騎馬隊のHPでは
新馬(競走馬を引退したばかりの馬)の調教についても
記載されていて面白いです。

調馬索での練習をはじめ、公道で歩くことを想定して
タオルなどををまたぐ練習とか。子供を乗せる練習をする
最初の段階はぬいぐるみで代用とか・・・・
馬運車に乗せる練習、パレードの時のブラスバンドの
音に鳴らせるために調教中に太鼓を鳴らしているとか
いろいろ参考になること多いです。

しかしせっかくですからもっと日常的に使っていただけると
いいなぁとおもうんです。馬に仕事を与えないと、地方競馬
アラブ競馬の衰退を考えるとどんどん処分されてしまう馬が
増えていく一方・・・・。
地方警察で馬のパトロールとか取り入れてくれないかなぁ。
不祥事とか起こすくらいならちょっと変わったことを初めて
みてくれたらいいのに。
このブログは、成田の方も浜松の方も見ているようで・・・
ずいぶん放置していたので見ている人も少ないだろうなぁと思ってましたが。
ムサシを自馬にしたことは、
連休に成田に行った時にお話しようとしていたんですが
その前に成田の皆様ご存知だったようです(;´∀`)・・・うわぁ・・・ 。
たった2日で情報がまわるって早いですね。

せっかくなのでムサシについて、もうちょっと書いていきます。

ムサシは、競走馬名 チョウヨームサシ
アングロアラブ、元競走馬でした。
アラブの血は27%くらいだったかな?正確な数字がわからなく
なっちゃったんですが。父も母もアングロアラブ。
父 ホーエイヒロボーイは、自身の戦歴もさることながら
産駒もエイランボーイ、スイグン、アキフジクラウンなど
アラブのレースの重賞クラスを勝鞍とする馬がおり
種牡馬としても成功しています。
ムサシの競走馬時代の主な勝鞍は
01年:アラブフレッシュカップ(金沢)
02年:楠賞全日本アラブ優駿(園田)
   アラブ大賞典(金沢)
で、他のレースもそこそこ走っていたようです。

とはいえ私はアラブの情報ってよくわからず、
知っている馬はクロイチョキンバコだけでしたし・・・
アラブ馬のレースについてはただいま勉強中です。

体系は大きくも無く小さくも無く、競走馬時代で470キロくらい。
今はその当時のスリムな体系とは違いだいぶ肥えましたから
まんまるでお腹だけ見てると中間種っぽいです。サラではなく
アラブですからね、むしろその方が自然かもしれません。

毛色は青鹿毛で登録されていますが、歳とともに毛色が変わったのか
今は栃栗毛みたいな不思議な色合いです。鼻先は薄いベージュの
ような色になっています。このお鼻がとてもかわいい
おでこには、三日月型の星があります。

話は戻して、ムサシは競走馬として順調に成績を残していましたが
ノド鳴りが出て引退し、その後は金沢大学の馬術部で
練習馬として使われていたようですが、
はたしてどんな調教をしていたのかは情報がありません。
馬場なのか障害なのか・・・どうだったのかな?
そこからどういう理由で出されたのかはよくわかりませんが
とある乗馬クラブに乗馬として出された後に、
前オーナーさんの元に行き私のところまでやってきました。

前述のムサシの勝鞍である楠賞とはアラブのレースの
いわばダービーにあたるレースだそうです。
アラブのダービー馬であってもアラブレース衰退の
あおりをくらって乗馬として出されたんでしょうねぇ。
でも乗馬として生き残ってくれていて良かったと思います。
ムサシがなんでも美味しそうによく食べている姿や
放牧してるとウトウトしながら和んでいる姿をみると
処分されなくて良かったなぁとつくづく思います。

先日前のオーナーさんにうかがったのですが
現在、アングロアラブは全国で生産を100頭をきっているそうです。
これからどんどん減ってしまうのかなと思うと残念です。

とはいえ、競走馬あがりの馬を乗馬として使うというのは
本当に難しいなとつくづく思います。
単純に考えてもトップスピードで誰よりも早く走ることを
教えられてきた競走馬と基本的に走らないことを教える
乗馬とは相反します。
私のような馬歴が浅い人間がムサシを持つのはさらに困難です。

しかも良くも悪くもムサシは物事に対する飲み込みが早いです。
すでに一度落馬をやらかしている私のことは
嫌なイメージがついてしまっているので
それを払拭するのは容易ではないと思います。
困難なのはわかっていますが、ムサシを自馬に選びました。

こういうことはご縁だと思っています。
人の出会いと同じように馬とも出会いがあり
いろんな関係を結びますが、考えてみれば
カンパネラを一口馬主にした最終的な理由も
誕生日が一緒だったから、ということだったりします。
まぁこんな感じで、旦那も早く決まるといいんですが
そうはいかないのも世の中だったりするんですね。

ブリタニースパニエル1匹
チワワ1匹
カンパネラ の一口
ムサシ 1頭

の扶養家族がついていますが
どなたかにょろりもらってくれませんか?(´▽`*)アハ
今日は成田のクラブで1月のお誕生日会をやってきました。
にょろりは、ケーキのスポンジを持っていそいそと
成田へ・・・まだ成田山のお参りにくる参拝客で駅前は
ごった返しバスが出るのも一苦労、なんだかんだ2時間半
以上かかって到着・・・今日は近くて遠い成田でした。

到着後、すぐにケーキのデコレーション!!
適当に作った割には上出来のスポンジで
デコレーションしたらそれなりに立派なケーキが出来上がりました。
それから、Y子さんが作ってきてくれた
美味しいレンズ豆のキーマカレーをいただきながら
シャンパンだー、日本酒だー、ワインだー
といろいろと呑んでて皆さん赤ら顔
もちろんケーキもしっかりいただいて・・・もともと乗らないつもりで
スポンジだけ手にもって行った私は安心?してお腹いっぱい。
適当にお料理作り置きして今日は大人しく帰ろうと思ってました。

ですが

せっかく来たんだから乗りなさい乗りなさいと
いう先生とWさんに根負けして結局乗ることに。
これにはカン太郎に運動した馬だけが食べられる「麦」を
食べさせたいというWさんの強いご要望もありまして・・・・

ひき馬でも良かったんですが・・・カン太郎に草食べさすとか・・・。
私ジーンズにウエスタンブーツという行ったままの服装で
馬装して馬場へ

さて今日は風が回るように吹き上げて、林にかこまれている
馬場はビュービューと音を鳴らしながら木々がうねりあげていました。
とても運動できる状態ではありませんが、これも訓練なのだそう。

私もリハビリ中のため同じくリハビリ中のカン太郎に乗って
とりあえず常歩でも。。。ということで曳き馬をしてから騎乗・・・・。
カン太郎は、一度も跳ねたり気の悪いところを見せずに
とっても大人しく乗せてくれましたが

大人し~くも
「僕、ご飯の時間なので帰りますからヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ」
と自動帰厩モード。(;´Д`)

せめて蹄跡運動しようにも気がつくと厩舎に向かい・・・
前回、浜松で手綱の動きに超がつくぐらい敏感なブライトに
乗らせてもらった後だったし私の乗り方が悪いのも手伝って
カン太郎を思うように動かせません。

結局、丸馬場で乗ったまま先生に少し引き馬してもらって

カン太郎の運動 糸冬 了..._〆(゚▽゚*)

リハビリ中だし、風が以上に強かったし今日はこれで十分かなぁ。

先生に
「にょろりさん、カンちゃんに麦どれくらいあげますか?」
と聞かれ

「じゃ、じゃあ、いつもより重い人間乗せてるので、2にぎりほど」

とお願いして飼いつけして帰ってきました。
麦あげるほどの運動量じゃなかったですけどね。

新年ですから さながら お年玉ですか?

そういえばですね、強風といえば
私、先日落馬した日も強風だったんですね。
以来、強風は怖いのですが、今日はカン太郎が
非常に落ち着いていたので全然怖くありませんでした。
曳き馬中も、カン太郎怖くないの?と様子を伺っても

「んあぁ?ニンジンくれるの?」

という感じくらいマターリ頭を寄せてくるくらいの余裕ぶり。
強風はカンのおかげで少し克服。

これは カン太郎からの さながら お年玉ですか?

同郷?

昨日ムサシのプロフィールを作成していて気がついたことがひとつ。

それはカンパネラとムサシ、同じ町で生まれてるんですね。

国内の馬の産地はほぼ決まってるとはいえ驚き…
一才違いだし同じ町内にいた頃もあるのかなぁ。

ブログ再開にあたり、以前からぼやいていた自馬を
持つことになりましたのでご報告いたします。

本年より、アングロアラブのチョウヨームサシを自馬
にいたしました。お気づきの方もいるでしょうが、前述の
落馬した時の馬です。あの時は、私がいたりませんで
怪我をさせてしまいました。だからというわけではなく、

・アングロアラブに興味があったから
・比較的若い馬が欲しかったから
・体型、毛色が好みだから。
・理屈はとにかくやっぱりかわいいと思ったから?

ということから前々からいいなぁと思っていたところ
お譲りいただけるとのことで養子縁組しました。

性格は、やんちゃしますが人懐っこいです。
それとよく人の行動をじぃーっと見ています。
なんでかなぁと思ってたらムサシはさびしがりで、
前のオーナーさんに聞くとやきもち焼きのようなのです。
恐るべし馬のやきもち。。。

放牧場に出してもすぐ人のいる方に顔出して
「かまってー」
とやってきます。
その割に、かまうと咬もうとしたり頭上げたり反抗的ですが、
徐々にそれとも戦ってます。馬房で反抗するときはすぐお尻
向けられます。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン 蹴る気まんまん・・・
やや怖いですが気にしないで馬房の中に居座るようにしてます。
そうすると、じきにむこうから寄ってきます。
素直なんだか、反抗的なんだか、、、
どうやら今は値踏みされてるようです。

毎日顔をあわせられないのですが、時間をかけて
コミュニケーションをはかるようにがんばります。
明けましておめでとうございます。

年始早々に勢いよく始めたかったんですが
まぁいろんなことがございました。。。
このお休みしていた約一ヶ月をまとめると

・浜松にて派手に落馬。人馬ともに負傷。トラウマ(;´Д`)
 以来、にょろりはこの時の馬ムサシに乗ると無意識に緊張しています。

・入院されていたお父さん先生、天国へ。
 持ち直すかと思われていたお父さん先生でしたが、
 入院して抵抗力も落ち、感染症が悪化しお亡くなりになりました。
 落馬して怪我はしておりましたが、馬以外のお手伝いは可能だった
 ので成田へ泊り込みに。ご親族と生徒のみの密葬でした。

・大晦日に愛犬が倒れる。
 13歳の愛犬が急に倒れて寝たきりに。
 原因もよくわからず、かといって年末年始で獣医もお休みなので
 自宅で犬の介護・・・。年をとっているとはいえ、私の青春時代を
 共にすごした犬で思い入れも強かったのでとにかく回復させようと
 あれこれやっておりました。

以上のことがございまして、ブログどころではなかったので
お休みさせていただいておりました。
おかげさまで年明けしてから、愛犬も回復してきており
落ち着いて来たような気がしますのでブログを再開します。


また、本年もよろしくお願いいたします。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。