プロフィール

にょろり

Author:にょろり
■♀ 1977年6月15日生
■出身 大阪 
■職業 不良OL
■趣味 
エンデュランス出場を夢見る万年初心者。でもそこからは縁遠い草競馬に出てしまったり、結局、ムサシに乗れたらけっこう幸せ。
musasi1.jpg
チョウヨームサシ 
■青鹿毛 セン馬 アングロアラブ
アラブ血量 27.30% 
 1999年5月3日生
■出身 北海道三石郡三石町
父:ホーエイヒロボーイ(アア)
母:ナンブアルテミス (アア)
母父:スマノタイドウ(アア)
■職業 にょろり専属の乗馬
■趣味 にょろりをおちょくること

稼業をほっぽらかして派遣で働くやさぐれOLにょろりがブログを通じてみつけた自馬は今は衰退の一途をたどるアングロアラブでした。サラより従順といわれるアラブ種ですがとても一筋縄ではいかない性格のムサシと奮闘しながら乗馬ライフを模索中。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
河原で併せをする予定だったのですが
途中で落馬…何度目かな?3度目?

その後が大変、手綱が外れてしまって

放馬

近くを散歩中の犬に走っていき
行くだけいって犬は無視して逃走。

河原を走り、道路を走り
逃げて逃げていくムサシ

私、事故が心配で頭真っ白ですが
ムサシは事故を起こさず馬場に戻っていきました。

驚かせたわんちゃんごめんなさい。

ちなみに、人馬ともにかすり傷もありません。
私はやや腰をひねってしまいましたが
あまり問題ないと思います。

帰厩後、乗り変わってもらい再度外乗に
私は車でついていきました。
帰りは引き馬に私が乗り常歩。

以前からのこともあり、
自馬を他の馬に変えたほうがいいのではないか
ということを言われたのですが
今馬を変えてしまったら、結局乗り手のしての
壁は越えられないままではないかと。そのためには
ムサシで乗れるようになることが大事だと思っています。
私の判断は誤っているかもしれませんが
ムサシを手放すつもりはありません。

ムサシは、まだ私との練習ではあまり長い事
集中することができません。
長い時間乗ることが必要な事もわかっていますが
判断を悩む所です。

それはそれとして
ご近所のお馬さんを見に行きました。

かなり小さめの青毛のシェットランドポニー
20070422205905


青い目のクオーターホース。
おとなしい、とにかくおとなしい。
20070422205903
スポンサーサイト
雨でしたが乗りました。
浜松HVでは敷地内にウッドをひいてあることろがあるので、
そこは水はけもよく雨でも足場は悪くないんですね。
というわけでレッスン決行。

そこを、他の馬の後を走らせる練習です。
ここでの課題は、併せることで興奮状態になりやすい
ところを落ち着いて走らせることと、
前の馬のスピードについていかないこと、抜かないことです。

さて、初めて競馬用の手綱で乗りました。
普段は、馬具はブリティッシュのひとそろえなんですが
競馬用の手綱、思いのほか使いやすいです。

今回レッスンをつけてくださった方は、
ムサシの前の馬主のNさん。
ムサシのことをよく知っている人なので、
それだけでも心強いのですが、Nさんは草競馬の常連。
本レースにも出ていますので草競馬のプロ
もう大船に乗ったつもりで…

とはいえ、
最初は、他の馬を見てやや興奮状態のムサシに
私がどうしてもビビッて緊張してしまいます。
どうしても昨年末に宙を回転するようにふっ飛んだ
落馬の瞬間やその時のムサシの怪我がよみがえるんですね。

が、Nさんの
「普段愛情かけてるんだから馬は聞いてくれるから」
と励まされながら、
ムサシに走ることに集中させることに注力して、
ゆっくりと2,3周走ったら人馬ともに落ち着いてきました。

丸馬場では、ゆっくりを加速しスピードを維持する練習を
以前からしていたのですが馬場以外でキャンター以上で
走らせるのは落馬以来初めて。
しかも落馬した場所をうまく走ったので
私としてもムサシとしてもトラウマ克服の第一歩です。

雨脚が強くなったため長くは乗れませんでしたが
導入としては手ごたえのあった内容です。

お察しの通り、ムサシの気晴らしにということ以外に
トラウマの克服というのもレースに出る理由のひとつです。
落馬でお互いに怪我を負ってしまった人馬どうしなので
だいぶ慣れてきたとはいえ、今ひとつ越えられない壁が
あるんですね。ムサシの反抗がトラウマなのか我侭なのか、
しつけの面でも迷いが出てしまいます。負い目もあるから
かもしれません。

とはいえ、ムサシには愛情はかけているのですが、
今ひとつ届いているのかわからない感じだったので
今日のNさんの言葉やムサシの反応で少し自信がつきました。


それはそれとして、そんなムサシの出身地金沢競馬では
賞金に現金以外の1万円相当のものを出資すると
個人でも自分で考えた冠レースができたりするんですね。
ムサシの地元へのご恩返しにも、地方競馬の活性化にも
小さな投資をしてちょっと、やってみようか考え中。。。。。
もちろんやるなら
「チョウヨームサシ記念」ですがね。
ひゃっひゃっひゃ。

でも金沢ってもうアラブいないんだっけ?

ここでは何度も申し上げるように
中央競馬がアラブを撤廃してから、
アングロアラブは衰退の一途。
アングロアラブの障害レース馬はすでに一頭もいなくなり…
地方のレースでも開催されているところはごくわずか。
地方競馬の経済状況はどんどん枯渇しているし、サラも危うい。

ロードバクシンをあっさりと負かしたアラブのサンバコールが
故障したのは、正直、JRAのせいだと思っています。

地方があるから中央が盛り上がると思うんですよ。
私、先日も申し上げたように、地方競馬からの成り上がりが
アイドルホースとして結果的に競馬ファンを増やしたりする
わけですから。

ホント、J○Aさんは何を考えてるんだろう。

どんなけ大企業面しても、ギャンブルはギャンブルなんだよ。

その辺よく考え直して日本の競馬の足元から見直さないと
日本から競馬ってなくなっちゃうと思うよ。

タグ : 乗馬 チョウヨームサシ アングロアラブ 競走馬

こんばんは、にょろりです。

昨日より浜松に上陸いたしました。

目的はひとつ。

草競馬出場へ向けての合宿でございます。

今回合宿で強めの運動をムサシに入れていくことで
ついでに主従関係もはっきりさせようという効果も
ねらっています。



はたしてそちらはうまくいくんでしょうか。

うまくいってもいかなくても
とりあえず、事故と怪我のないことだけを祈ります。

もうねー、馬バカ上等ですよ。
でなきゃ平日から浜松乗り込まないですよ。
仕事やめて最初にすることが馬合宿ですよ。
後日無事に社会復帰できるか心配です。

それはそれとして草競馬に出る時のエントリーは
チョウヨームサシではなんだかいろいろ都合が悪いそうなので
ムサシで出る事になりそうです。
でもねぇ、そのままでもいいかなぁなんておもいます。
乗馬に降りてきたルートもそれほどおかしな形でもないし…

もっともレースに出るといっても
勝ち負けを競う感じよりは参加を楽しむものであり
昔のムサシの走りを期待してる人には「なんじゃそりゃー」
という感じのスローペースだと思いますが
人馬ともにガチガチに走ろうと思っていません。
というよりは走れません。

しかしストレス発散くらいにはなればいいかなぁと
思っています。
なんせ元競争馬。
昔とったなんちゃらです。


しかし今日はさっそく雨、外にだせないので
ムサシの馬房にいりびたって携帯から日記を更新してますが
先ほどから携帯ごとずっとムサシに舐めたおされています。
携帯壊れないか心配です。

20070418100306

最近一押しのドラゴン。
ただいま休馬中。

20070418100305

キング、いつ撮っても派手です。

20070418100304

退屈そうなムサシ。
やりました。
YE------ d(゚∀゚)b ------S!!

G1ジョッキーで平地の最多勝利の他、障害の最多勝利も収めました。
てG1ジョッキー(Wii版)の話です。
おしむらくはハルウララ引退レースを1着でおさめられませんでした。
残念ながら2着。どうがんばっても2着。
有馬記念では例の3冠に導いた馬の騎乗依頼を断り
ゼンノロブロイを秋古馬三冠に・・・。もちろんディープを抑えて
ですが前回のぶっちぎりの逃げ作戦ではなくて差し馬だったため
ディープよりはやめの仕掛けで優勝。でもゴール寸前でディープの
足音が聞こえてきた時はハラハラです。
それから中山大障害を勝ちました!やたー!障害レースG1勝ちました。
そう、G1ジョッキーには障害レースもあるんです。
とにかく障害をうまく飛ぶ事が勝敗を決めるんで
穴馬も勝てる可能性大なのがG1ジョッキーでの障害レースです^^。

にしても障害レースって距離が長いですね・・・・、
さらにジャンプや坂路があることを考えると
かなりハードなレースであることを思い知らされます。
それを考慮すると先日の中山グランドジャンプで
3連覇の偉業を達成したカラジが
なんと御歳12歳というのが驚きです。
日本の馬でもゴーカイが2000年から2連覇をした
同レースですがその時のゴーカイは7歳、8歳。
平地よりもより経験が求められるのが障害レースなのでしょうか。。
ゴーカイといえば・・・・
母桜花賞2着のユウミロク母父はあのカツラノハイセイコ
脱サンデー路線が好きなぴょんことしては
たまらなく渋い血統で(*´д`*)ハァハァです。
経験を後押しする、年齢に負けない頑強さ、パワー、スタミナを
チャイナロックの血が反映した結果なのでしょうか?

ちなみに、成田にいるカツラノハイセイコ産駒の
I loveなマルちゃん
のんびりとして平和的な性格が売りです。。。。(チャイナロック関係なし

さて、先日引退した「園田競馬の歴史」ロードバクシンが
種牡馬入りを断念して北海道競馬にて現役復帰を果たすそうです。
なんでも精虫検査の結果で不安があったって…
つまるところ繁殖能力が無かったということかもしれません。
それならば、地方競馬の話題作りのために現役復帰へ
という馬主さんの意向には心意気も感じますが、
ピークを越えた王者の復帰はなんとも複雑な気分。
余生を穏やかに過ごして欲しいような、本馬の走る
意欲がある限り走らせてあげたほうがいいような…。
先述のカラジのような高齢の活躍馬がいることは事実ですが、
平地ではどうなのだろうか?と思わなくありません。

産業動物である競走馬は仕事を与えなければ生きていけない、
ロードバクシンですらそうなのでしょうか…。
とにかく彼が元気に北海道で走れることを祈るのみです。
いつものように夜行の高速バスで行ったにょろりでしたが
土曜の朝浜松に到着してから、馬のお世話やら
乗ったりしても、なにか動きが緩慢
ムサシも左周りで駈歩するとすぐ止まろうとするし
本人意識ないものの、Nさんにも左に傾いてるよと言われるし
節々が痛むし、足がやたらだるいから筋肉痛か?

と思ったら
なんとインフルエンザもらっちゃいました。
おそらく高速バスでしょう。

調子が悪いのはムサシじゃなくて私だったんですね。
ムサシなりに
「なんかにょろりが傾いて乗ってるから走りにくいよ。。。。」
ということでスピードださずにいたようです。

お泊りにいったSさんやホースビレッジのタク氏
ご飯や病院の手配やら、薬を届けてくれたりなど
ありがとうございました。

日曜日帰宅すると発熱40度越え~。

まぁその後、ヤブ医者に盲腸疑われたり
すったもんだあったんですが
熱は下がりました。
ご飯も油っこいもの以外は普通に食べれます。

インフルエンザって、、、、たしか抗体ができるはずだから
前回のインフルエンザはいったい何だったんだろう?

1、インフルエンザA
2、ノロウイルス

どっちもいやだ・・・・

ところで、にょろりが熱で頭にチョウチョが飛んでいる頃
ムサシはなんだかおとなしかったらしいです。
タク氏に素直に引き馬されて・・・
飼いもおさえているとはいえ
おかしい。。。。。

嵐の前の静けさか
何か魂胆があるのではないのか・・・・
今度のりに行く時が怖いです。

さてさて、今月末に相良の草競馬があるんですが

「にょろり、出ろよ~~」

と悪魔の誘いがあります。かたくなに断っていたものの
ちょうど今月仕事をやめ時間ができてしまった私・・・・

合宿します

タグ : 乗馬 インフルエンザ チョウヨームサシ

やりました、とうとうWiiでディープインパクトを抑えて
3冠達成です。イエア!!
ぶっちぎりの逃げで決めました。
私の馬もそこそこ能力高かったのですが
やはり素質そのものがディープに劣るため
ひやひやの展開でしたが、限界まで追いこんで逃げ切りました。
ワーイ!
というわけでひとりでウェルチで祝杯。濃さが違います。

たまに不思議に思うのですが、これだけ世の中便利になっても
競馬が今でも存在しているのはやはり馬それぞれに
ドラマがあるからなのかなぁとか思っていたりします。

同じ走るならF1も人気のスポーツ?で、マシンの開発にも
それこそプロジェクトXのような秘話があるとは思うのですが、
いくら配合が研究されているとはいえ馬の誕生そのものから
まず神の手がかかっているのですから、数字では計りきれない
ドラマが始まっているのですものね。

ディープのような超良血エリート馬の人気もさることながら
戦後の躍進的な復興になぞられて期待を背負ったハイセイコー
良血ではなくても中央に挑んで数々のG1を勝ち取ったオグリキャプ
海外G1を経て現在も中央G1に挑み続けるコスモバルク
勝てなくても走り続けたハルウララ
様々なタイプの人気馬がいるなぁと思います。

現在、中央競馬を除いて競馬会はきわめて財政難で
上記のような感動を生んでくれた馬達が今後現れることが
なくなってしまうかもしれない危機的状況。
正直、私は競馬場にいるおっちゃんたちはあまり好きじゃなかったけど
この人たちが居なければ競馬は今も無かったわけで
当然、カンパネラやムサシにも会えなかったわけで・・・・今後は
少しは競馬会に投資しなければいけないなぁとか思ってたりします。
もっとも元競走馬に乗ることもひとつの投資だと思っていますが。
何かできることは無いのだろうか・・・・。
先日のイヤーネットはムサシに再びモグモグされ。。。
てかなんでそんなに首が伸びる?とおもうくらい首を
伸ばしてなんだかそこらへんのものくわえて遊んでます。
にょろりです こんにちは。
Wii版G1ジョッキーではディープに連勝中です。
残すは菊花賞のみ。三冠やったるでー!!
ちなみに私の馬はスーパー逃げ馬。
ディープの鬼の追い込みにも負けませんぜ。

さて、ムサシにもし仔馬のときに会っていたらどんなんだったんだろう。
やんちゃだろうなぁ、でも仔馬から育ててみたいなぁ。
とか思いながら、ムサシの母、ナンブアルテミスをキーワードに
ぼんやりググっていたら 
キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !

日高軽種馬農業協同組合 2000年10月の(アア2歳)のセール一覧ページ・・・・。
父ホーエイヒロボーイ 母ナンブアルテミス 5月3日生 青鹿毛牡
ムサシのことじゃないかーーーー!?!?
馬名「エランドール」 
え? えらいハイカラなお名前だこと。
ムサシの昔の名前がわかりました。

「その名前で呼んであげないから反抗期なんじゃない?」
という声が・・・・ムサシ そうやったんか???
でもいまさらエランドールってかんじちゃうんやけどな。
風体と言い、性格といいヤンキー気質ですから、うちの坊っちゃん。

先日、タクさんにムサシに乗ってもらったところ、
ハミを引かれるのが嫌いなムサシはいきなりロデオボーイに尻っぱね。
ヤンキー魂は、やはり一筋縄ではいかないのです。

オカアチャンは苦労します。
引き馬しても何かのひょうしに逆らうと立ち上がります。
馬房の中に入る時だけダッシュです。
丸馬場内でも近くに他の馬が来たら横っ飛びします。

おかげで最近他の馬は多少のことは怖いと思わなくなったわ。
成田の先生や前の馬主さんに相談しながら子育てしてます。

でもどんなに逆らってもゴメンナサイが可愛いので
(;´Д`)俺は許しちゃうヨ! 

タグ : 乗馬 競走馬 チョウヨームサシ

ムサシに衝撃告白をしてみました。
20070402005838.jpg


はい、私のパソコンには画像のアプリケーションが
入っていませんので適当な感じはお許しください。

今日は、浜松に私の小学校の時からの仲間と
なんと、ミシエロさんとお友達がはるばる大阪から遊びに来て
いらっしゃってくださり楽しくBBQなどしながら馬に乗ってきました。
ミシエロさん、せっかく来てくださったのに
バタバタしてしまって、あまりお話ができなくて申し訳ありません。
是非是非またいらしてくださいね。

今日は、けっこう走りました。
いつもは軽速歩が中心ですが、駈歩で丸馬場をパカラパカラ。
ムサシ、ドラゴン、オースミ。
寝不足と前日のお酒の残っていた私、
なぜか息切れ・・・体力低下しております。

それから仲間がまた素敵な写真を撮ってくれていたので
画像が来たらこちらでUPしてみたいとおもいます

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。