プロフィール

にょろり

Author:にょろり
■♀ 1977年6月15日生
■出身 大阪 
■職業 不良OL
■趣味 
エンデュランス出場を夢見る万年初心者。でもそこからは縁遠い草競馬に出てしまったり、結局、ムサシに乗れたらけっこう幸せ。
musasi1.jpg
チョウヨームサシ 
■青鹿毛 セン馬 アングロアラブ
アラブ血量 27.30% 
 1999年5月3日生
■出身 北海道三石郡三石町
父:ホーエイヒロボーイ(アア)
母:ナンブアルテミス (アア)
母父:スマノタイドウ(アア)
■職業 にょろり専属の乗馬
■趣味 にょろりをおちょくること

稼業をほっぽらかして派遣で働くやさぐれOLにょろりがブログを通じてみつけた自馬は今は衰退の一途をたどるアングロアラブでした。サラより従順といわれるアラブ種ですがとても一筋縄ではいかない性格のムサシと奮闘しながら乗馬ライフを模索中。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私がまだ乗馬を始めてまもないころ
体験乗馬を除けば5~6年前の話です。

乗馬クラブにアングロアラブという種類がいても
これが競走馬だと知らなかったのです。

というのもおそらく最初に遭遇したアアである
ルーちゃん(競走馬名:ルーラルノビリティ:サツマヒーロー)は
血量がはっきりしないけどアアとサラの間に
生まれているのでアアというよりサラ系。
姿かたちも背が高くて(サラより)脚も長くて
モデル体型だった。

見栄えもする派手な流星に栃栗毛。
あー、この馬はスタイル良いし
乗馬用の馬なんだなとか思っていました。

私のはじめてのアアとの遭遇は、とても競走馬のイメージに
つながるものじゃありませんでした。


そこでなんの気なしにネットで見かけた馬が
なんだか見たこと無いような体型で、ちょっと
こぶりで筋肉隆々、お尻がパーンとはって
サラとは違うけど、

かっ カッコイイ!!!!!!!!!!!!


どこかの地方競馬で走ってる馬らしかった。

人間には一目ぼれしたこと在りませんが
人生初めての一目ぼれでした。馬に。

彼が、とても綺麗で気になっていました。




でも
真っ黒なメンコに丸で囲った「金」の刺繍があって
ちょっとコミカルだった・・・。





後からわかった彼の名も





「クロイチョキンバコ」



今思えば私をアングロアラブの世界に引き込んだ張本人(馬)

引退して種牡馬になったらしくもその後はどうなっているのだろう。
今1歳馬に子供たちがいるらしいけども、はたして
彼らはデビューするのだろうか。
もしデビューしたら応援に行こうと思います。

ちなみに、今日気がついたのですが
ルーちゃんとムサシはあの「セイユウ記念」の
冠名にもなっている名馬「セイユウ」の血が入ってる親戚。

ムサシとクロイチョキンバコも「セイユウ」と「タガミホマレ」
の血が入っている親戚。。
奇しくも、似たような弾丸のような筋肉の詰まった体型の
似たような黒い馬でした。

アアは血が近いですなぁ。
スポンサーサイト
肩までの高さが147cm以下の馬の総称。

ムサシはポニーじゃありませんが、大きな馬ばかり
乗っていた私にとっては彼は小さめの馬に感じます。

アングロアラブだからなんじゃ・・・
と言われることもあるのですが、同じくアアで
彼の最大のライバルだったミスターサックスは
500キロ超のサラにも劣らない大きな馬体でした。
だからムサシと一緒に出てるレースだとムサシは
とてもとても小さく見えるんですね。

和種もほぼこのポニーのサイズですが、昔はこの小さな馬に
鎧武者がのっていたわけですからお馬さん大変でしたね。
昔の人はかなり小さかったとはいえ、鎧は重かっただろうしなぁ。

話はそれましたが、
以前、木曽馬を中心にもっていらっしゃる
紅葉台木曽馬牧場さんで
純血木曽馬を乗せていただいたのですが,
案外、木曽馬は大きかったようなイメージがあります。
というのも、その前に乗った純血道産子の方が
もっと小さかったんですよね。。。。

事実、最近の木曽馬は大きくなっているという話もあります。
まぁ食糧事情もかわりましたからねぇ。

もともと和種は粗食に耐えるために、腸がながく
特徴であるぽんぽこりんのおなかはそのながーい腸が
収められているためといわれています。
そしてがっちりマッチョな感じで胸幅も広く
脚も太いため想像より大きい印象を
もったのかもしれませんね。

やはり原型に近い馬種はタフですね。
そしてなんだか頼りがいのありそうで、
頑固そうな印象を受けます。

にしても衝撃的だったのは

先日いろいろトラブル起こしてモンゴルに帰った某横綱が
モンゴル馬に乗っている映像見ましたが・・・

ありゃ虐待だよ・・・・。

いくら遊牧民族が乗馬上手だとしても
いくらモンゴル馬がタフでも
100キロ越えてる横綱が速歩で乗るなんて・・・
その馬がその後大丈夫だったのかとてもとても気になります。
いや~

お暑うございます。

何を書くかも忘れちゃいました。


とりあえず
今日のムサシ。
20070917011307.jpg

今朝、なんとなく三つ編みにしてみましたです。
少しは首元涼しいかしら?


そしてタク氏を待ちわびるオースミさんです。
20070917011309.jpg

えーっと、今日は何したんだっけ???


あ、思い出しました。


以前こちらの日記でもご紹介しましたイラストレーターの
おがわじゅりさんのブログで「オレッチ」という競走馬あがりの
お馬さんが乗馬へ成長していくマンガがあるのですが
先日のオレッチのお話でとうとうクロスバーを飛べるようになった
オレッチ。

なんとなくその話が頭にあったので

よし、今日はムサシにも何かやらせよう。。。。。

と、とりあえずバーのようなものをまたぐことに。。。。

まず太い竹を1本またいでみました。

ムサシ変にどんくさいところがあるので蹄に
ガコンとぶつけてややびっくり。。。ブヒブヒ

これで怖がっちゃうかな?と思ったんですが
根気よく続けてまたいでるうちに、
慣れてきたのか嫌がらなくなりました。

本数を増やして2本。

またげました。

竹の幅を広げたり狭めたりしながら
何度か繰り返しても大丈夫そうだったので
タク氏がとてーも低めに2本の竹をクロスさせた
即席クロスバーを作ってくれました。

そこで思いだしたんですが、
ムサシは馬術部所属時代に
障害飛んでたんですよねぇ・・・・

ところが乗り手の私は障害とか
まったくやったことないんですよね

最初は、「ホント o(゚Д゚)っ ムーリ!」

と拒んでいたのですが、そんな抵抗で許してくれる
タク氏ではありません。

まぁ、すっごい低いし抵抗するほど
大袈裟でもないし
ハンドウどう抜くのかわかんないけど、
用意してもらったので、まぁいっか・・・・

というわけでレッツチャレンジ。

少し速歩で入ってみたら










前足だけ飛んでヒョコラっとあっさりまたいでました。

とりあえず、止まらなかっただけ上出来。
しかし、これじゃいかん。



というわけで再度挑戦。

竹棒を飛ぶタイミングで「ハイッ!」と声をかけたところ
今度は後ろ足も踏み込んでピョコンと飛んでくれました。

すげーよムサシー。
ちゃんと覚えてたんだね、昔とった杵柄・・・・。

その時、乗り手はいったいどうしていたのかとか
よくわかりませんが・・・・ムサシはよくできました。

万年素人の馬乗りとはいえ、私も少しは
成長しないとなぁと思う
今日この頃です
浜松上陸



今日の浜松はサンバとかサンバとかサンバでした。
20070916014306.jpg


20070916014304.jpg


もちろんムサシも乗りました。

運動をお願いしていたので
動きは悪くないです。


乗っている間
ずっとおがわさんの替え歌の「PAKARA」が
頭に流れていたのは秘密だ。


悪い癖で

ムサシに乗ると息を止めてしまう。


自馬が一番緊張するって
馬乗りてしては致命的なんだろうな、きっと。

なんか見透かされてる気がしてねぇ
何度乗っても緊張。


あ、それなりに楽しんでるんですよ。


なんていうか我々の関係
遠距離恋愛ですから
それも一方通行の。

たまにあって緊張みたいな…

なんちて


なんだかんだ今日はただの酔っ払いです

台風が東海関東地方に直撃中

夕方に心配になって、ホースビレッジのタクさんに
電話したものの、
「大丈夫みたい(=´ω`=)y─┛~~ 」
とのことでした。

ムサシ大丈夫かなぁー
音に敏感だから
台風の時はいつも心配なのです。

さて、私の職場には、30代から40代の男性が多く
家庭を持ちかわいいお子さんもいる
働き盛りのお父様方が多いのですが、
毎日忙しいお父さんたちのデスクには
皆さん子供さんの写真を飾っています。

昔は、子煩悩なんだなぁーなんて
単純に思ってたんですが、
最近はこの写真を置く意味はもっと深いんだなと感じます。

お子さん以外にもペットの写真を飾る人も多いですね。

仕事で疲れたとき、かわいい子供の写真を見ると
癒されるんでしょうね。
毎日遅くまで仕事して、なかなか会えないけど
写真の子供やペットに会って癒されているんですね。

かくいう私もムサシの写真を乗せています。

忙しすぎると、なんでこんなに働いているんだろう?
と判らなくなってきてしまう時があるんですが
一緒に写ってる写真乗せて、楽しい時を思い出して
仕事で疲れたときに自分をふるいたたせてます。

このコのために働かなくちゃ

そう思ってるとがんばれるんですねー。
今日も台風でしたが、私も含め
皆さん遅くまで働いていました。

むかーし、お勤め時代の父親の定期入れの中に私や妹の
写真が入ってるのを一度だけ見たことがあります。

うちの父もそんなことを思って
仕事してたんだかなぁなんて
嵐の夜にしんみり思っていたにょろりでした。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。