プロフィール

にょろり

Author:にょろり
■♀ 1977年6月15日生
■出身 大阪 
■職業 不良OL
■趣味 
エンデュランス出場を夢見る万年初心者。でもそこからは縁遠い草競馬に出てしまったり、結局、ムサシに乗れたらけっこう幸せ。
musasi1.jpg
チョウヨームサシ 
■青鹿毛 セン馬 アングロアラブ
アラブ血量 27.30% 
 1999年5月3日生
■出身 北海道三石郡三石町
父:ホーエイヒロボーイ(アア)
母:ナンブアルテミス (アア)
母父:スマノタイドウ(アア)
■職業 にょろり専属の乗馬
■趣味 にょろりをおちょくること

稼業をほっぽらかして派遣で働くやさぐれOLにょろりがブログを通じてみつけた自馬は今は衰退の一途をたどるアングロアラブでした。サラより従順といわれるアラブ種ですがとても一筋縄ではいかない性格のムサシと奮闘しながら乗馬ライフを模索中。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日こそっ!明日こそ浜松行くぞ

相方が
「ムサシにニンジン買ってあげて」
とおこずかいをくれました
Thank you.:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

ニンジン持って行くからね!

待っとってね。
スポンサーサイト
ムサシには、まだ会えていません。
こんどの日曜日会えるといいなぁ。

以前にもこちらでご紹介したおがわじゅりさんのブログで、
最近、生産牧場の話があって母馬仔馬のエピソードなど
面白いお話が続いています。

私は生産とか育成とか、いわゆる競走馬を育てているところの
エピソードってまったく知らないのでじゅりさんのお話がすごく
新鮮!!面白い。

この時期が一番、素の顔のお馬さんの生活がみられるのかもなぁ
って気がいたしました。

ムサシが仔馬のころってどんなだったんだろう。
きっとお母さんも相当気が強かったと思うのですが
ムサシ自身、お母さんの姿がちょっとでもなくなると
ピーピー鳴いていた仔馬に違いないでしょう。

あ、このときはムサシではなくて
エランドールという名前だったんでした彼は。

エランドール、フランス語で黄金の飛翔という意味だそうで
生産の方はこの仔馬を天駈ける馬に例えたのでしょうか。。。。
彼に限らず、仔馬たちはいろんな人の夢を背負って
すくすくと育っていくんですね。

そういえば、
ディープの長女、くのいちちゃんにつづいて
ハーツクライの長男も生まれましたねぇ。
またこの仔馬さんたちが活躍するのが楽しみです。

そういえば、新年明けてからムーちゃんに会ってません。

次は再来週だなぁ。

先日、ムサシのピー事件について
書きましたが、

あれからよく考えてみたら。ムーさんってば

よくしゃべる馬。。。。かもしれません。

日常的になんらかしらしゃべってます。

●ボロする前
ブブブブブブブブブと低く長いストロークでぼやきます。
目はうっとりしているので気持ち良い時の声のようです。

●乗っているとき
気分がいいときなのかブフーンとかホッホッと歌いだす時があります。
特に軽速歩がお好きなようで、軽速歩ではしりだすときや
駈歩から軽速歩に変わると、ブフーンブフーンと鳴きだします。
声をかけると止まってしまうのですがほっておくとしばらく
一人で鼻歌です。

●馬運車から先に下ろされるとき、先に乗るとき
ピーです。このときは間違い無くびびってます。

●ご飯前
ヒィーーーャと語尾上がりな鳴き方で
催促します。これはムーさんにも限らず他のお馬さんもよく
言っています。が、ムーさんの場合無視すると馬房を蹴りだします。
オースミさんは黙って蹴っています。男は黙って蹴りだそうです。

●馬房で退屈でかまってほしいとき
ブブフーン といって、頭をさげて
服をもひょもひょさぐりながらすりよってきます。
ちょっと飼い主ながらかわいいと毎度騙されます。

●ごあいさつ
馬房に言ってその日一番最初のご挨拶は
ブブブブブブブブブブブ
これはよくお馬さんならやりますが、
ムサシは必ずといっていいほど毎度やっています。

●ちょっとだけびびったとき
短くプヒ
その後、何事もなかったようにふるまいますが
「びびってたくせに、、、」と突っ込まれると
ややご不満なようです。

●さびしいとき
一頭だけ夕方につなぎ場に残されてるときなど
ヒヒーーーーーーーーーーーーーーーーー
とやたらアピールするながーい鳴き方をします。
何か返事をすると、忘れられていないと認識するようで
気が済むようですがほっておくと、繰り返します。

●早く帰りたい時
ため息です。早く帰りたい時ほど連発します。

馬ってあんまり鳴かないものだとおもってましたが
けっこうよくしゃべってますね。
母は健在ですが、
彼女も私の母親代わりです。

らーら先生3


この笑顔?で随分癒されてきました。
御年1●才の老犬ですが
本当に彼女には世話になっているなぁと思います。

とはいえ、私が大人になってからの出会いです。
何をできるというわけじゃないのですが
遊んでいても絶対に噛んだりしない、心優しい犬です。
甥っ子に毛をつかまれても、困った顔でじっと耐えてます。
辛い時は近くで寄り添ってくれます。
でも都合が悪い時は、聞こえないふりとかします。

よく盗み食いするのは困りましたが。。。。

もう、だいぶ耳も遠いし目も悪いですが
まだまだ食欲旺盛、元気です。

結婚するときももちろん彼女も一緒に嫁入りします。
結婚早々我が家は大所帯。

連れ子が多いにょろりです。
先日、一緒に浜松に行った相方にムサシの印象を聞いてみました。

「乗ったわけじゃないし、そんなに触れ合ってないけど
 怖がりなんだなぁーって思った。 」

そう、ムサシは怖がり、暴れん坊なんじゃなくて、怖がり。
そしてリアクション激しい。雛壇芸人か・・・

そういえば、こんなことがありました。

丸馬場で私を乗せているムサシは早く騎乗を終えたくて
出口のあたりに立っていた相方のところに

「もー、おわりでいいでしょーここの馬場の出口開けてよー」

てな感じで助けを求めに近寄って行ったんです。
相方が、そんなムサシの鼻筋をなでてなだめていたところ

相方いわく、後から殺気を感じたそうです。

ムサシに乗っていた私は当然見えていたんですが
タク氏を乗せてガンガンに走った後の目の血走った
オースミさんが近寄ってきていたんですよね。

そのままオースミさんとムサシ、相方の肩越しにご対面。
しばらく鼻を突き合わせてニオイをかぎ合っていました。

相方は、その時のムサシの緊張した空気を感じて
動けなかったそうです。
気合の入っている状態のオースミさんと対峙した
もう帰りたい気分満々のムサシ。
この後の展開が想像がついてました。


私が、
「あー、もうすぐピーってムサシ鳴くとおも・・・」

「ピーーーーーーー!」

言い終わらないうちに鳴いて、バタバタとしてました。
タク氏、相方、私 ただただ 苦笑。

怖かったんだねぇ。でもオースミさんはとって食ったりしないから
その後,帰りの車の中で
あの声は何処から出ているのだろう?
と談義になっておりました。

音で例えるならラムネ笛なんですよね。。。
おとといのことです。

相方と銀座に買い物に行っていたのですが、
新年早々、何を血迷ったか
入ってしまった店があります。

HERMES

あそこね、入り口にドアマンがいるので、
適当な格好ででかけていた私たちは
ドレスコードでひっかかったらどうしましょう・・・
とか一瞬おもっていたんですが、アッサリ入れました。

もちろん私、ケリーとかバーキンとかまったく興味ないですよ。
当然、行った理由は

馬具

有名なことですがエルメスはもともと馬具屋ですから。
そこでの革製品の技術をバッグなどに発展させたブランド。
とはいえ当然、馬具コーナーで真剣に物色してるのは私たちだけでした。

エルメスの馬具は、評価が高いので気になっていたのですが
先日乗馬ライフにも掲載されていたことを思い出して
行ってみたんですね。。。。

ステキでした。デザインも洗練されていました。
トウラクなんて、危うくその場で買ってしまいそうでした。
いや。まだ狙っている。正直言うと。
馬具のカタログは鞍のものしかないというので
とりあえずもらってきました。

でも鞍はやっぱり、外国人の体型に合わせて作られている点
日本で乗馬で使っているサラとかアアのように
キコウ(首のつけね)が高くてとがっているようなタイプの
お馬さんには合わないかもなぁーなんて感じがいたしましたよ。

やっぱり日本人はソメスサドルが有名どころでしょうか。
以前、通っていた成田の乗馬クラブの近くにあった
ライディングショップ池上さんも有名ですね。

池上さんの鞍は以前、お使いになってる方に
見せていただいたのですが革は柔らかく、座部の馬にあたる部分は
充分にクッションのある鞍で人にも馬にも優しそうな鞍でした。

本当は、鞍って、人より馬に合わせて作るものらしいんですよね。

そんなことができるのは贅沢な話ですが、
ながーく同じ馬に乗るのだったら考えてもおかしくない話です。

ムサシに合わせた鞍・・・・いいなぁ。。。。。
それを作れるほど結婚前の私に余裕なんてこれっぽちもありませんので
鞍の下にひくムサシに合わせたパッドくらいを今年は
手作りしようかなって思います。
相方と29~31日まで浜松に行ってきました。

相方とムサシは始めてのご対面ではございましたが
終始ムサシは相方の手をなめたおし、まるで
犬か!?
と思うような甘え様でびっくりいたしました。

ムサシがサラリーマンだったら営業向きだとおもいます。
ナイスな「よいしょ」ぶりでした。

しかし、その後ムサシを引いていたり、歩いていたりすると
相方を見つけては寄っていって、目の前で立ち止まるので

「ひょっとして、てぶらだったから(ニンジンもってないから)
 怒っているの?」


と声をかけてみたら、首をブンブン振っていました。

手ぶらは彼の礼儀に反していたようです。
次回からは手土産持参で行きましょうね。
本年もよろしくおねがいいたします。

昨日まで浜松に行ってきました。

1231.jpg


丸馬場で裸馬で乗ってみました。

1231_1.jpg


丸馬場の外はやっぱり馬装してないとこわいです。
でも上出来、上出来。

ホーム


今回は、相方が初めて一緒に行ってくれました。
浜松は風が強くて寒いのでホームでもフードかぶってます。
おつかれさまでした。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。