プロフィール

にょろり

Author:にょろり
■♀ 1977年6月15日生
■出身 大阪 
■職業 不良OL
■趣味 
エンデュランス出場を夢見る万年初心者。でもそこからは縁遠い草競馬に出てしまったり、結局、ムサシに乗れたらけっこう幸せ。
musasi1.jpg
チョウヨームサシ 
■青鹿毛 セン馬 アングロアラブ
アラブ血量 27.30% 
 1999年5月3日生
■出身 北海道三石郡三石町
父:ホーエイヒロボーイ(アア)
母:ナンブアルテミス (アア)
母父:スマノタイドウ(アア)
■職業 にょろり専属の乗馬
■趣味 にょろりをおちょくること

稼業をほっぽらかして派遣で働くやさぐれOLにょろりがブログを通じてみつけた自馬は今は衰退の一途をたどるアングロアラブでした。サラより従順といわれるアラブ種ですがとても一筋縄ではいかない性格のムサシと奮闘しながら乗馬ライフを模索中。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パドック
20080528235233

やはり男性が多かったです、
ゆっくりした時間が流れていました。

馬券売り場
20080528235236

ほのぼのとして楽しそうです。上についている
黄色っぽいライトは暖房です。
4月後半でも北陸はやや肌寒いのです。

観覧席から
20080528235238

お天気が良かったのでちょっとしたピクニック気分です。

金沢の冬は寒いです。
雪が降り出したら競馬場もお休みです。
春がくるまで馬たちは放牧されたり地方に遠征したり様々です。

私が行った4月20日はとても良い天気でした。

馬主さんたちは言ってました
『金沢から怪物は出ない』
それは冬のお休みの時期があるからだそう。

でも思うんですよ。逆に走れるレースが少なければ淘汰も厳しかろうなと。

ムサシがここで走れたのは2年ほどアラブの
地方馬としては短い競走馬生活でした。
とても小さな生産牧場で生まれたムサシ、
なかなか大きくならずとてもこぶりの馬だったそう。

生産者の方は、ムサシが重賞を勝ったときにとても喜んだそう。
自分のところで作った馬が重賞を勝つというのは本当に
嬉しいことなんだろうとおもいます。まさかあの小さな馬が
勝てるとは思わなかっただろうと思います。

生産者は、馬が売れたとき、それから生産馬が重賞を勝ってから
初めて生産者賞としていくらか換金されていくのでとてもハイリスクな仕事です。
大きな生産牧場ならまだしも、小さな家族経営の生産牧場は
1頭1頭がその家族の運命を握っています。
馬が好きでなければとてもじゃないですが仕事としてやっていけないでしょう。
また、それだけでもやっていけない仕事でしょう。

「生産の方は、ご健在ですか?」
と伺ったところ
「ちょっと前に病気で亡くなって、牧場も閉じてしまった。」
と返ってきました。

数年前まで現役で走っていたムサシのふるさとのひとつが
もう無くなってしまったのはとても寂しいことです。

戦後、娯楽が少なかった頃、金沢競馬も一万人以上の
お客さんを迎え、それはそれは盛況していたそうです。

また、以前は1000頭~700頭以上所属していた馬たちが
その三分の1ほどになってしまっているそう。

そのため開催日も減ってしまったと聞きました。

ムサシの第二のふるさと金沢競馬だけでも
末永く残って欲しい。。。と思いました。

とある馬主さんがいっていました。
「乗馬になるってよく聞くけど、本当に乗馬になっている馬が
 いるんだねぇ。気になっても、あとのことは聞けないから・・・」

ムサシにとってふるさとという表現を使いましたが、
引退した競走馬には戻れるふるさとはほとんどありません。

少しでも競馬が長く続きますように、
たくさんの馬に新しい道が開けますように。
スポンサーサイト
金沢駅前で、水のモニュメントにお迎えをうける。
20080527003121

これ、噴出している水がコロコロ入れ替わり文字が変わって面白かった。
でも一人で写真撮ってたわたし。きっとハタから見たら寂しいヒトだわ。

20080527003123

翌日金沢競馬場に、ブログでお世話になってるなみなみさんの
愛馬フォルテさんが当日ちょうどレースでした。
スペースファイヤーさん、真っ黒な大きな馬体でたくましい牝馬でした。
青毛だとおもったら、実は彼女は葦毛。尻尾などがちょとグレーに
なってきていました。こんな真っ黒でも数年後には白に。。。葦毛の不思議です。

20080527003125

ゴール板前、久々に至近距離で走る馬が見られました。
やっぱり馬が走る姿は清々しい~~。青空がさらにさわやか効果UP

20080527003127

レース終了後、採尿してるのかなぁ?
やっぱりここでも一人で台に上って写真をとっていた私。
変なヒトだったと思う。

※先日日記をUPしたときに馬名をフォルテさんと
 記載していましたが、ファイヤーさんの誤りです。
以前ムサシがいた金沢競馬の厩舎
(現在は金田厩舎さん)

20080525013833

ここ、ムサシがいた馬房。


20080525013836


つぎに引っ越した馬房。って上の馬房の斜め向かいですけどね。

競走馬の馬房ってはじめてみたのですが、
案外こじんまりしてるんだなーっておもいました。

今の馬房のほうが広いかも。。。でも藁じゃなくておが粉だからね。
そこが決定的に違う。

競走馬は、藁がしいてある。
ムサシはもちろん、食べてたらしい。。。。

食い気は昔も変わらないんだね。
いやー、暑くなってきました。

今年のムサシは、換毛期に浜松にいけなかった私に代わって
お世話をしてくださったHVCの皆様のおかげで
ケイクンは現れず、綺麗に毛が抜け変わりました。
夏毛ってつるっとむき卵みたいに薄い感じで綺麗ですわ~~~。

どうやら、N師匠が教えてくださったとおり

・あまり洗い過ぎない。
・ブラッシングを良くする。
・馬着は着せない。

という方がムサシには合っているようです。

もともとやや脂性な皮膚なので、洗いすぎると
よけいに皮脂がでてブツブツになってしまうようです。

さて、浜松でムサシがボーっとしてること
にょろりの家にはニューカマーがやってきました。

豹柄の猫2匹・・・・
実は、ブリーディングをやるのです。
そのために、動物取扱業の届出をだすべく
愛玩動物飼養管理士の資格もとるために
本年より受講をはじめます。

動物取扱業といえば、乗馬クラブなども届け出を出さなければ
いけなくなりましたね。

私個人的なことを申せば、勉強とはいえ
いろんな動物のことが学術的に知ることができるので
受講はワクワクでございますよ。

早い話、動物オタクですからね。。。。

とはいえ
東京ではワンワン ニャーニャー
浜松では ピー

ってどこにいても騒がしいのは変わりません。

結局、ケモノ漬けの生活を送っております。

ムサシも一緒に暮らせるといいんだけどな。
先日、ムサシにひさしぶりに会いに行ったときのこと

見慣れない馬がいるなー

なんておもっていたら

ホワイトドラゴンが・・・・
(彼はホワイトですが黒鹿毛です。)

前髪、タテガミ、ぱっつんにされてるよ~~~~~。

メジロライアンかー。

隣の馬房のオオスミブライトとよく似ていて
同じくクール系ルックスだと思っていましたが

すっかりらぶりィ

ぱっつん


いつもかわいがってくれるロミちゃんに乗ってもらって
ますますお顔がゆるんで坊っちゃん系よ。
先日、金沢に行った際に、みわさんからムサシの写真を頂きました。

ムサシも障害を飛んでいたのですよー
20080514155448

真剣な表情です。

20080514155445

とーぅ!! ってけして高い障害ではないんですがね。
飛んでる姿、綺麗です。
話には聞いていたんですが
飛んでるのを見たことはなかったんですよ。

ムーちゃんスゴいよ~

かっこいいよ~

できる子なんだね!

先日障害の大会を見てきましたが
出ている馬は皆10才以上20才の馬とかもいました。
ムサシは今年で9才
まだまだこれから。
いろいろ練習してみようと思います。
運動はしてもらっていたんですが
人が乗るのは1ヶ月ぶりだったムサシ。

馬房に行ったらこんな感じで鼻をならしているので
20080507201049

あ~覚えていたのね~
って喜んでいたのもつかの間
いざ馬装して乗ってみたら
まったく動かないのでとりあえず引いてもらおうとしたら
気がついたら後ろ足で立ち上がってました。

わーい アンダルシアンみたーい

なんて喜べない(-"-;)
もうこういう状況にも慣れましたけどね…

いったん降りて鞍をつけたまま丸馬場で追ってみたものの
ムサシが苦手な左手前に変えたとたん
また立ち上がる反抗期なムサシ。

いやー1ヶ月ぶりだから
それくらいはかわいいわよー

なだめながら左手前で回らせたら
素直にまわる…

なんだ 本当に すねてただけなのね

ひととおり運動終わったら
おとなしく乗せてくれました。

ごめんね。これからは
もうちょっとマメに来れるからね。

20080507201052
おがわじゅりさんのサイン会に行き、
久々にじゅりさんに会えました。
優しそうなイケメンな旦那様にもお会いして
イラストそっくりで初めてお会いしましたがすぐわかりました。
肩パンの話をしていたらヨコイさん登場、
こちらもイラストそっくりかわいい方。
こさぶ~さんにもお会いして「髪型が違う!」と衝撃でした。
(イラストだとアフロヘアーなんですね。)
こさぶーさんもとても優しそうな方。
じゅりさんはとてもステキな方に恵まれているのですね。
20080506210709
サイン中のおがわじゅりさん

その後、豊橋からいらしてたマイミクのカフェ子さん母娘さんにお会いしました。
カフェ子さんは親子ともども乗馬をされていてかっこいい~。
ご一緒に障害の協議会を観戦して、ミニチュアホースに
触れ合ったり、じゅりさんのサイン会に参加して
短い時間でしたが楽しかったです。
20080506210707
トモの部分がハートマークに刈り込んでました。
カワユス(〃▽〃)

さて何気なく見ていた障害競技
ちょっとバランスを崩しても馬を励まし立て直して素晴らしいジャンプをしている選手がいて
解説を聞けばTさんという方、どこかで聞いた名前だなと思ったら
ムサシを金沢から浜松に連れてきた方でした。
この人が乗ると馬が変わると言われるすごい方とは聞いていましたが

はぁああ~さすがだな~

と見とれてました。

20080506210704

馬の世界は狭いです。
おがわじゅりさんの初書籍「元競走馬のオレっち」が
4月22日に出版されました。

オレっちはもともとブログで展開していた
元競走馬のお話なのですが

すごいね・・・おがわじゅり。
とうとうやりましたね。

馬イラストによるマンガになるのですが
コラムも面白かったです。
ただ、「馬はかわいいねー」とかのお話ではありません。
私はこの本を甥っ子の情操教育に読ませようと思っています。
もともとじゅりさんのイラストのファンのにょろりですが
贔屓目なしに馬好きにはおすすめです。

私は自分意外のプレゼント用に早速3冊買いました。

元競走馬のオレっちはコチラのホースシューさんで買えますよ^^

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。