プロフィール

にょろり

Author:にょろり
■♀ 1977年6月15日生
■出身 大阪 
■職業 不良OL
■趣味 
エンデュランス出場を夢見る万年初心者。でもそこからは縁遠い草競馬に出てしまったり、結局、ムサシに乗れたらけっこう幸せ。
musasi1.jpg
チョウヨームサシ 
■青鹿毛 セン馬 アングロアラブ
アラブ血量 27.30% 
 1999年5月3日生
■出身 北海道三石郡三石町
父:ホーエイヒロボーイ(アア)
母:ナンブアルテミス (アア)
母父:スマノタイドウ(アア)
■職業 にょろり専属の乗馬
■趣味 にょろりをおちょくること

稼業をほっぽらかして派遣で働くやさぐれOLにょろりがブログを通じてみつけた自馬は今は衰退の一途をたどるアングロアラブでした。サラより従順といわれるアラブ種ですがとても一筋縄ではいかない性格のムサシと奮闘しながら乗馬ライフを模索中。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肩までの高さが147cm以下の馬の総称。

ムサシはポニーじゃありませんが、大きな馬ばかり
乗っていた私にとっては彼は小さめの馬に感じます。

アングロアラブだからなんじゃ・・・
と言われることもあるのですが、同じくアアで
彼の最大のライバルだったミスターサックスは
500キロ超のサラにも劣らない大きな馬体でした。
だからムサシと一緒に出てるレースだとムサシは
とてもとても小さく見えるんですね。

和種もほぼこのポニーのサイズですが、昔はこの小さな馬に
鎧武者がのっていたわけですからお馬さん大変でしたね。
昔の人はかなり小さかったとはいえ、鎧は重かっただろうしなぁ。

話はそれましたが、
以前、木曽馬を中心にもっていらっしゃる
紅葉台木曽馬牧場さんで
純血木曽馬を乗せていただいたのですが,
案外、木曽馬は大きかったようなイメージがあります。
というのも、その前に乗った純血道産子の方が
もっと小さかったんですよね。。。。

事実、最近の木曽馬は大きくなっているという話もあります。
まぁ食糧事情もかわりましたからねぇ。

もともと和種は粗食に耐えるために、腸がながく
特徴であるぽんぽこりんのおなかはそのながーい腸が
収められているためといわれています。
そしてがっちりマッチョな感じで胸幅も広く
脚も太いため想像より大きい印象を
もったのかもしれませんね。

やはり原型に近い馬種はタフですね。
そしてなんだか頼りがいのありそうで、
頑固そうな印象を受けます。

にしても衝撃的だったのは

先日いろいろトラブル起こしてモンゴルに帰った某横綱が
モンゴル馬に乗っている映像見ましたが・・・

ありゃ虐待だよ・・・・。

いくら遊牧民族が乗馬上手だとしても
いくらモンゴル馬がタフでも
100キロ越えてる横綱が速歩で乗るなんて・・・
その馬がその後大丈夫だったのかとてもとても気になります。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは^^
ご無沙汰しております。
式の準備は着々ガールですか?

>鎧武者が乗ってた
そうですよねー。競馬じゃ60キロは酷量とか
言われますけど、比べ物になりませんよね。
前にモンゴルでピエール瀧が馬に乗ってるのも
見た事ありますけど、「馬、かわいそう」と
思うのは甘いんですかね^^;


>やはり原型に近い馬種はタフ
サラに代表される競争馬は体質が他の在来種より弱く、
気性も激しく、正気をなくしてしまう馬も多い。
それは、無理やり近親配合を重ねてきた結果であり、
神へ逆らう行為であるからだ(神派かよ)

的な話をどこかで読んだ事あるのですか、
いかがなものでしょうか?

私もそれ見て思いました。
え??の、乗っちゃうの??馬、平気?みたいな(笑)
いくらタフでも…あの方を乗せての駈歩は無理でしょうね…。

ミシエロさん

式は着々じゃないんですよー。
もう闘いですよー。式場とね。^^;
ピエール滝もだいぶ大きな人ですよね。
背も高いし最近はおなかもぽっこり、かなりな
重量だったのではないでしょうか。歩くくらいなら
なんとか大丈夫にしてもモンゴル馬にはやっぱり
酷だとおもいます。

>神に逆らう~
馬に限らず、人間が交配に手を加えすぎたものは
何らか問題をかかえているのかもしれませんねー。
犬とかも純血種でその種特有のトラブルがあったり
する種類ありますものねー。
自然の淘汰を受けないわけですから、純血のもつ
条件のよさって結局人間都合ですもんねー。

おがわさん

乗る時馬傾いていましたよね。。。
あれ、かわいそうだ。。。ひどすぎる。
と競馬や乗馬やったことある人なら思ったはずです。
駈歩したら足折れますって絶対。
日本の農耕馬とかも100キロちかい荷物を乗せて長距離や山道を運んだりとかしたそうですが、それでも絶対歩いていたはずですもんね。

かくいう私も乗り上げる時に
ムサシに「ブフー」と怒られるんですが、
さすがにムサシも傾きはしません。

コメントいただきありがとうございました。
チョウヨームサシの近況を知れて何よりです。
ちなみに関東人で、サンバコールやマリンレオをやっとこさ見に行けたくらいで、アラブの魅力に乗り遅れました(汗)

プリサイスさん

ようこそおいでくださいました。
タイトルが吉田節だったので思わず立ち寄ってしまいました(^-^)
チョウヨームサシ健在です。
私もアラブの存在をしったのはクロイチョキンバコを
キレイな馬だなーって思ったくらいでムサシの現役は知りませんでした。(≧▽≦)ゞ
また遊びにいらしてくださいね

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。