プロフィール

にょろり

Author:にょろり
■♀ 1977年6月15日生
■出身 大阪 
■職業 不良OL
■趣味 
エンデュランス出場を夢見る万年初心者。でもそこからは縁遠い草競馬に出てしまったり、結局、ムサシに乗れたらけっこう幸せ。
musasi1.jpg
チョウヨームサシ 
■青鹿毛 セン馬 アングロアラブ
アラブ血量 27.30% 
 1999年5月3日生
■出身 北海道三石郡三石町
父:ホーエイヒロボーイ(アア)
母:ナンブアルテミス (アア)
母父:スマノタイドウ(アア)
■職業 にょろり専属の乗馬
■趣味 にょろりをおちょくること

稼業をほっぽらかして派遣で働くやさぐれOLにょろりがブログを通じてみつけた自馬は今は衰退の一途をたどるアングロアラブでした。サラより従順といわれるアラブ種ですがとても一筋縄ではいかない性格のムサシと奮闘しながら乗馬ライフを模索中。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北海道行ってきました。

石狩ホーストレックさんでランチをはさんで3時間くらいの外乗、
翌日、ホースガーデンムラナカさんにて2時間半の外乗でした。

石狩さんでは、ファーストブライテン(サラ・18歳)に騎乗
ファーストは石狩のボス。鮮やかな栗毛に鼻梁と前肢が白い
絵に書いたようなかわいいお馬。体もサラにしては小柄で腹も太く、
足元もどっしりした体型。オーナーさんに聞くまで中間種だと
おもっていました。(※石狩ホーストレックさんは中間種や半血の
お馬さんが比較的多いです。)性格も何事にも動じない頼りがいの
ある馬。かといって、誇示するタイプではなくて他の若い馬が餌を横取り
しようとしても怒らないで一緒に食べてるような気の優しさ。
歩みものんびりしています。おおらかで頼りがいのあるその性格から
勝手に「お父さん」と呼ばせていただくことにしました。

20061119234717.jpg

※真ん中ひときわ明るい毛色の馬がファースト、その奥はトロッター種の牝馬なんですが
比べると彼の体格がコンパクトなのがお分かりになりますでしょうか。

コースは、前回と若干道を変えたランチ休憩を挟んだオールドリバートレックです。
前回は7月にブッシュの中を走ったりしたのでひどい虫刺されの被害にあった
のですが今回はさすがに虫はおらずひとつも刺されずにすみました。個人的
には暑さと虫が苦手なので秋口から冬の乗馬がやっぱり好きだなぁ。
成田にはまだいるサシバエなんてちっともいなかったし、北海道LOVE!!

20061119234655.jpg

※雪が残る道です。この日は一日、雪が降ったり晴れたりの繰り返しで
 地面の雪もまばら。

ところで今回は飛行機が朝一の便だったので、私は遅刻を恐れて
前の晩から眠らずに北海道入りしたのと、雪の降る寒さの中での騎乗で
スタートから体がガチガチ(>Д<)))”、正直うまく乗れていませんでした。
一方「お父さん」はコースを熟知しているので乗り手が下手でも緊張する
こともなく、元来の性格も手伝って、けっこうなスピードで走るトラックや
突然飛び立つ鳥、自分達のかきあげる雪に怯えるてぶっとぶこともなく
乗り手の様子を伺いながら速度を変えてくれています。
そんなことあるの?と思われるかもしれませんが、本当です。
前の馬と距離をあけてものんびり歩くのがオーナーさんから聞いていた
彼の特徴なのですが、離れ過ぎたときも脚をいれずに小さく
「ファースト遅れてるよ・・・」
と呼びかけるだけで歩みを速めてくれます。
言葉わかっているんでしょうね。
逆にこちらの調子が悪そうだと速度を速めることはありません。
途中、斜面を降りようとしなかったりしたのでガイドの方に「鞭入れてください」
といわれたんですが、鞭は入れませんでした・・・彼は拒否してるのではなくて
状況をみて道を選ぶようなのです。彼の考えがあってのことと思って全て
ファーストにゆだねて待っておりました。結局、私のクラブで教えている
斜面での乗り方と石狩さんでの乗り方が違っていたためにファーストが
「それでいいの?」と疑問に思って降りなかったようです。
乗り方を合わせたらその後は一度も止まることなく斜面も降りてくれました。
経験豊かな馬は余裕が違いますね。
もう、今回の外乗は彼に一切ゆだねてみようと呼吸も一緒に合わせて
乗っていたら、私もリラックスして体が楽になり、気がつけばファーストも
鼻歌を歌いながら駈歩~!雪はふってましたが1頭と一人であたまに蝶々を
飛ばしてました。
彼のおかげで楽しいトレッキングになりました。

20061119234737.jpg

※ファーストおつかれさまー♪外乗のがんばりを労ってました。
 後でおしりのあたりを他の馬にもぞもぞされてたので
 ちょっと耳伏せて警戒してますがお目々眠そうです。

次回は未体験の40キロコースに挑戦したいと思っていますが、
ファーストだと安心かも・・・・。ちなみにこの性格を買われて、彼は
道内のエンデュランスにも数回出場しています。心拍のリカバリーも早く
なぜだかレースのときには歩様もすばらしくよくなるのでまず失敗したことが
ないそうです。(人間がバテて棄権した以外は失権になったことがないそうです)
騎乗後はオーナーさんにエンデュランスのことや、北海道の馬事情など
いろいろお伺いして、それから私達の乗馬クラブの話などもしていて、
すっかり馬バカぶりを披露してしまいました。

その日の晩は、札幌のホテルに宿泊
周りにピンクなお店が立ち並ぶ一画だったので、びっくりしましたが
ホテル自体はお部屋も綺麗でサービスもよかったです。そして安い!
おすすめかも。
▼ブルーウェーブイン 札幌
http://www.bluewaveinn.jp/hiroshima/

晩御飯は近くにあった「だるま」というジンギスカンやさん。
こはとても有名らしくその日も列ができていましたが待ってでも
食べたかいがありました。めちゃくちゃ美味しい!!
臭みのないお肉にしょうゆベースで甘さのない
さっぱりしたタレに好みでにんにくや唐辛子を加えていだきます
札幌に行かれる際には是非いってみてください。
地元の人が行くお店はまず間違いないです。

さて、翌日のホースガーデンムラナカさんについては
また明日
スポンサーサイト

コメント

3時間の外乗、満喫したようです。
それにしても北海道でサラブレッドでの外乗って私は経験したことありません。ファーストブライテン君、いい子ですね。

はい、ファースト君のおかげで楽しめました♪
石狩さんでは他にもサラの子がいるんですが、みんななかなか素晴らしい馬たちで外乗の達馬(達人じゃないですもんねw)です。石狩さんでは性格も大人しめの馬を集めているようですが、普段から昼夜放牧されていて外の環境に非常に適応しているというのも外乗に向いている馬が多い理由のひとつかもしれません。
中でもファースト君は石狩さんでも一番落ち着いている馬だそうで、他の馬も彼を普段から頼りにしているのだとか。彼は一応元競走馬だそうで大井で走っていたとか。こういう子もいるんですね。
サラは気性が難しいところがありますが、それでも個体別になるとやっぱり千差万別ですね。落ち着いている馬であれば普段からサラを乗っている人にとってはサラの外乗は乗りやすいですよ。

無事おかえりなさ~い!雪降ってましたかあ~寒かったでしょうね。そんな寒さもはねのけるステキな外乗。いいですねえ~そりゃあ、頭に蝶々も飛びますよ♪
確かに写真でみると、サラなのに、小さいかんじですね。それなのに、頼もしい「お父さん」会ってみたくなりましたヨ(^^)頭がいいんでしょうね~
2日目のお話楽しみにしてます!

ナミさん
ただいまです~v-14
北海道は馬乗りにはとてもすばらしいところです、ご旅行の際は是非外乗も予定に入れてみてください♪。
ファースト君小さいですよね。見せていただいたエンデュランスでのレース前のチェック時の写真は背筋をぴんとのばして大きく見えました。オーナーさんいわく、ちゃんと本番はがんばらなくちゃとわかっているそうですよー(´▽`*)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。