プロフィール

にょろり

Author:にょろり
■♀ 1977年6月15日生
■出身 大阪 
■職業 不良OL
■趣味 
エンデュランス出場を夢見る万年初心者。でもそこからは縁遠い草競馬に出てしまったり、結局、ムサシに乗れたらけっこう幸せ。
musasi1.jpg
チョウヨームサシ 
■青鹿毛 セン馬 アングロアラブ
アラブ血量 27.30% 
 1999年5月3日生
■出身 北海道三石郡三石町
父:ホーエイヒロボーイ(アア)
母:ナンブアルテミス (アア)
母父:スマノタイドウ(アア)
■職業 にょろり専属の乗馬
■趣味 にょろりをおちょくること

稼業をほっぽらかして派遣で働くやさぐれOLにょろりがブログを通じてみつけた自馬は今は衰退の一途をたどるアングロアラブでした。サラより従順といわれるアラブ種ですがとても一筋縄ではいかない性格のムサシと奮闘しながら乗馬ライフを模索中。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いや~

お暑うございます。

何を書くかも忘れちゃいました。


とりあえず
今日のムサシ。
20070917011307.jpg

今朝、なんとなく三つ編みにしてみましたです。
少しは首元涼しいかしら?


そしてタク氏を待ちわびるオースミさんです。
20070917011309.jpg

えーっと、今日は何したんだっけ???


あ、思い出しました。


以前こちらの日記でもご紹介しましたイラストレーターの
おがわじゅりさんのブログで「オレッチ」という競走馬あがりの
お馬さんが乗馬へ成長していくマンガがあるのですが
先日のオレッチのお話でとうとうクロスバーを飛べるようになった
オレッチ。

なんとなくその話が頭にあったので

よし、今日はムサシにも何かやらせよう。。。。。

と、とりあえずバーのようなものをまたぐことに。。。。

まず太い竹を1本またいでみました。

ムサシ変にどんくさいところがあるので蹄に
ガコンとぶつけてややびっくり。。。ブヒブヒ

これで怖がっちゃうかな?と思ったんですが
根気よく続けてまたいでるうちに、
慣れてきたのか嫌がらなくなりました。

本数を増やして2本。

またげました。

竹の幅を広げたり狭めたりしながら
何度か繰り返しても大丈夫そうだったので
タク氏がとてーも低めに2本の竹をクロスさせた
即席クロスバーを作ってくれました。

そこで思いだしたんですが、
ムサシは馬術部所属時代に
障害飛んでたんですよねぇ・・・・

ところが乗り手の私は障害とか
まったくやったことないんですよね

最初は、「ホント o(゚Д゚)っ ムーリ!」

と拒んでいたのですが、そんな抵抗で許してくれる
タク氏ではありません。

まぁ、すっごい低いし抵抗するほど
大袈裟でもないし
ハンドウどう抜くのかわかんないけど、
用意してもらったので、まぁいっか・・・・

というわけでレッツチャレンジ。

少し速歩で入ってみたら










前足だけ飛んでヒョコラっとあっさりまたいでました。

とりあえず、止まらなかっただけ上出来。
しかし、これじゃいかん。



というわけで再度挑戦。

竹棒を飛ぶタイミングで「ハイッ!」と声をかけたところ
今度は後ろ足も踏み込んでピョコンと飛んでくれました。

すげーよムサシー。
ちゃんと覚えてたんだね、昔とった杵柄・・・・。

その時、乗り手はいったいどうしていたのかとか
よくわかりませんが・・・・ムサシはよくできました。

万年素人の馬乗りとはいえ、私も少しは
成長しないとなぁと思う
今日この頃です
浜松上陸



今日の浜松はサンバとかサンバとかサンバでした。
20070916014306.jpg


20070916014304.jpg


もちろんムサシも乗りました。

運動をお願いしていたので
動きは悪くないです。


乗っている間
ずっとおがわさんの替え歌の「PAKARA」が
頭に流れていたのは秘密だ。


悪い癖で

ムサシに乗ると息を止めてしまう。


自馬が一番緊張するって
馬乗りてしては致命的なんだろうな、きっと。

なんか見透かされてる気がしてねぇ
何度乗っても緊張。


あ、それなりに楽しんでるんですよ。


なんていうか我々の関係
遠距離恋愛ですから
それも一方通行の。

たまにあって緊張みたいな…

なんちて


なんだかんだ今日はただの酔っ払いです

今日は浜松でちびっこの引き馬イベントのお手伝い
1ヶ月ぶりの浜松イェイ!

なんだか地域のお祭り的なものの一環でやったんですが
太鼓の演奏とかがあったりウナギつかみがあったり
他のイベントも盛りだくさん
引き馬はまわりの影響を受けにくいように
会場の一番はずれの場所でやったんですが
会場に先乗りして馬の到着を待っていた私の目に飛び込んだのは
超イレ込みながら汗だくで現れたオースミブライト。
頭下げて斜めに小走り…パドックから本馬場入場の通路を歩く
レース前の競走馬みたいです。

ええええ?

比較的いつもおとなしいオースミに何が?

どうやら会場でやっている太鼓の音が
草競馬をおもいださせたらしく
レース前と勘違いして大興奮だったようです。

一方、もう一頭の引き馬係の草競馬経験の少ないキヌガサキングは
お散歩感覚だったのかわりと落ち着いて登場しました。

一頭が落ち着いていても彼らは興奮は移りやすいので
引き馬が始められるかヒヤヒヤ…。

とはいえ賢いオースミさんは
太鼓の演奏が終わるとじきに落ち着き
レースが今日は無いことを理解したようです。

引き馬を開始すると途切れることのない列のできた
ちびっこのお客さんたちを順調に乗りこなし体験乗馬終了。

木陰をえらんだものの炎天下だったこの日
終わった頃には人馬ともに汗だく汁だく
皆様お疲れ様でした。


で、この日、私はちびっこを抱えて
馬に乗せる係だったんですが
かっ肩が激しく筋肉痛…というかつりそうな痛み
…腕が上がらない…四十肩?
まだ30だよ、おい。

三十路女は思った
ここで引いたら私、負け犬だわー

というわけで
引き馬体験終了後、
馬場にもどってムサシ号起動~(´∀`)
黒い三連星ならぬ黒い馬で
にょろり逝きまぁ~す

でもね、せいぜい小一時間、
牧場敷地内を走ったり歩いたりするしかできませんでした。
落馬以来騎乗した状態で通ることの無かった
事故現場?を通れたことがせいぜいこの日の成果です。


だって引き馬を一緒にやったタクさんやMさんは
この間なんと外乗に行った。

ううう 負けたわ


負けたわ…。

頑張ろ
N師匠からムサシの画像つきメールがきました。

ムサシは元気なようです。
荒れ荒れになってしまっていた皮膚も
きれいに治りピカピカ夏毛に生え変わったようです。
そして相変らず元気いっぱいのようです。
あとはダイエットが・・・とのことでした。

ダイエット馬も人間も頑張らないといけませんわね。
おほほほほ 

( ´ー`)フゥー...

marubaba.jpg


丸馬場で走っております。
馬なりなのか、気持ちよさげです。
耳は撮影者のN師匠の方に向けています。
何か声かけていたんですかねぇ。

musasi.jpg


心なしか、毛色がいつもより濃い目に見えるのは
汗かいてるからなのか?たぶん運動後なのかなぁと思います。
本来は青鹿毛なので色は濃い目のはずなんですが
以前申しましたとおり現在プロフィールの画像どおり
茶パツのヤンキー仕様です。)
ちょっとボーとした顔をしています。

この時のセリフはいったい何なのでしょうか?

いやー 台風ですね。

だからというわけではないですが
東京にいます。
ムサシ・・・大丈夫かなぁ。
彼は人には聞こえない音が聞こえるようなので
遠くの雷の音とか聞こえて怯えてないかしら~
とか無駄に心配しています。

先日、浜松で馬場にひとりで行ってムサシに乗り
運動が終わってつなぎ場に戻る時、
つなぎ場にホースが飛び出していたのを私が拾おうと
かがんだ際に下がった手綱がムサシの前脚に
ひっかかってしまいました。

ムサシはどっきりびっくり

「ぷヒーーーー」

高い声で鳴いて動き出してしまった。
でも跳ねなくて良かった。

私、ハミの近くの手綱を抑えて、
びっくりしたムサシと向かい合って
お互いに時計回りにグルグル回る。

「落着けー 落着けー(;´Д`)」

と言っているのはムサシに対してより
むしろ自分に対してだった。

ムサシがやっと止まったので、脚をあげさせて
手綱をとろうとしたけど、ムサシも怖がって
脚をあげないのでうまくできない。

おたおたしてると再び興奮しそうなので、
手綱のバックルをはずすしてバラすことに・・・

『脚に何かひっかかってるよ!!怖いー(゚Д゚;∬アワワ・・・』
と思ったのかムサシの脚もちょっと震えています。

こんな時に一人というのは、ついてない。

ハミのもとの手綱をたばねて片手でおさえながら
片手でバックルをはずすなんて無理・・・
しかも、あれはそもそも外れにくくできている。

そしてあせるのでなかなかうまくできない。

なんとかはずした頃は手に汗びっしょりでした。



その頃には、
とりあえず静かに立っていれば脚に違和感も無いから
怖くないと理解してたのか、こちらの心配をよそに、
ムサシはいつのまにか足の震えも鼻息もおさまってました。

ひっかかりとはずしてしまうと
ムサシは何事もなかったように
つなぎ場に入っていつもどおり眠そうな顔。

切り替え早ッ

こっちはまだ汗だくですよ。冷や汗で。

わかっていてもうっかりはいけませんね。
手綱には充分注意しようとおもいます。

それはそれとして、
かれこれ、この半年間シングルマザー?として
ムサシと家族ごっこをしていたわけですが
来年は、いよいよ私は年貢の納期を迎えるらしく
ムサシには義父ができることになりました。

ご対面をこの夏のうちにしないといけないなぁと
思っているのですが・・・

ところがこの義父はまったくもって乗馬はしません。
※体験とかで無理やりつきあわせたことはありますが。

もし、私が妊娠などしたらどうするんだろうと
今からハラハラドキドキです。

ちょっと馬のお世話の仕方を覚えてもらわないと
いけないですね。

当分、子供はお預けです。

子連れ結婚(馬および犬)は
そういったあたりも大変です。

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。