プロフィール

にょろり

Author:にょろり
■♀ 1977年6月15日生
■出身 大阪 
■職業 不良OL
■趣味 
エンデュランス出場を夢見る万年初心者。でもそこからは縁遠い草競馬に出てしまったり、結局、ムサシに乗れたらけっこう幸せ。
musasi1.jpg
チョウヨームサシ 
■青鹿毛 セン馬 アングロアラブ
アラブ血量 27.30% 
 1999年5月3日生
■出身 北海道三石郡三石町
父:ホーエイヒロボーイ(アア)
母:ナンブアルテミス (アア)
母父:スマノタイドウ(アア)
■職業 にょろり専属の乗馬
■趣味 にょろりをおちょくること

稼業をほっぽらかして派遣で働くやさぐれOLにょろりがブログを通じてみつけた自馬は今は衰退の一途をたどるアングロアラブでした。サラより従順といわれるアラブ種ですがとても一筋縄ではいかない性格のムサシと奮闘しながら乗馬ライフを模索中。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつも馬場から帰ると成田、浜松にかかわらず
爪が折れていたり擦り傷があったり生傷が耐えません。
今日も手を見ていると何か傷が2箇所・・・・
でもどうして出来た傷か思い出せない
考えること3分。。。。。。Ω\ζ°)チーン

思い出した。

ムサシがぺろぺろ舐めてたかと思ったとき、ちょっとつまむように
ちょいかじりしたままジーっと止まってたときがあって・・・・
その時に内出血になったようでした。

ムサシの表情はコロコロ変わります。
人の手をペロペロしながらお母さんのお乳を思い出したのか
ウットリした顔になったかと思ったら、
ちょいかじりとかイタズラした時にはなぜか嬉々とした顔に、
そして怒られるとショボーン━━(´・ω・`)━━とした顔に。
まだ私に対しては怒っても「なんだよー!?」とやや反抗的ですが
(まだ認められてないんですワタクシ・・・・○| ̄|_ )

20070214002147.jpg

なかなか知性あふれる顔でしょ。
良くも悪くも賢いですから手がかかります。

20070214002250.jpg

こちらはオースミブライト。これはお顔のアップですがごらんのとおり
美形だし、馬体も美しいので誘導馬になったっておかしくない
綺麗な馬です。馬房ではとっても大人しい・・・走るとあっという間に
目が血走って気合ガンガン!!
けっこう人にはそっけない性格なのかなぁって思ってたんですけど
こないだはちょっと遊んでくれました。
足を靴ごとくわえられてました。
やや痛かった(;´∀`)
裸馬騎乗の画像をこちらの日記にUPしました~。

さて先日、ムサシについて調べていたら
ユーノすけさんHP「兵庫発アラブ現場主義」にたどり着き
ムサシの競走馬時代の画像UPのお許しをいただきました。
ユーノすけさんありがとうございます。
0605-last.jpg


0605-choyo-goal.jpg

<『兵庫発アラブ現場主義』より借用>
赤いメンコがムサシです。
毛色、黒いです・・・今は茶髪のヤンキー仕様のタテガミですが・・・
そして体が締まって見えますね。実際体型そのものがだいぶ違い
ます。が、隣のミスターサックスよりもこころなしか小ぶりで
丸っこいアラブっぽい体型に見えます。

ムサシの競走馬時代を知りたくてあちこち見に行っているのですが
ファン層も厚いサラのレースと違ってアラブのレースは動画などは
ほとんど無く、当時のレースの実況はなかなか伝わりません。
。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
そんな中ユーノすけさんは兵庫をベースに姫路、金沢、高知・・・
全国のアラブ重賞レースを、HPのタイトルどおり「現場主義」で
追っかけていらっしゃる、いわば「アラブの鬼」。画像はもちろん
観戦報告も充実しているので、アラブレースの臨場感をあふれる内容です。
そんなユーノすけさんによるムサシの出走した
『第41回楠賞全日本アラブ優駿観戦報告』はこちら

ユーノすけさん曰く、
現役時代のチョウヨームサシは2回しか見てはいませんが、
脚の回転が凄まじいピッチ走法で、弾丸の様に差し込んでくる姿が
印象に残っています。馬体の張りがピチピチで、青鹿毛真っ黒という
よりは、黒みがちょっと退いたガンメタのような毛色だったような
記憶があります。

とのことでした。
貴重な現役時代のお話を伺えてうれしい限りです。

現役時代のすさまじいピッチ走法・・・・と聞いて
今のまんまるな体で、陽だまりでまどろむムサシを思い出し
イメージのギャップに思わず( ̄ー ̄)ニヤリ
今は鬼走りとはほど遠いのんびり乗馬生活です。
先日警視庁騎馬隊のことを日記に書きましたが
京都府警にも騎馬隊があることを発見しました。
京都府警平安騎馬隊のHPも発見しましたので併せて
ご紹介します。

警視庁騎馬隊より馬匹も少ないものの活動内容は
よりローカルで、イベント時の警護、パレードのほかに
小学生の登下校時のパトロールなども行っているようです。

びっくりしたのが、こちらの騎馬隊はほとんどの隊員さんが
乗馬未経験で配属されていること。みなさん入隊してから
訓練しているそうです。すごいですね。

ちなみに、警視庁騎馬隊は第3方面交通機動隊になります。
そういえば、昔、騎馬隊の馬に乗ったことありました。。。
小さい時に父が機動隊だったのでなにかイベントの時に
来てたんですよね。記憶ではでっかい馬に乗ったという
のがあったんですが、そのときの写真が数年前に
ひょっこりでてきました。今思えば、でっかい馬=サラ
だったんですね。

ちなみに全国で騎馬隊を所有している警察は
警視庁と京都府警だけです。
日本て馬多いですよね、意外と
昔は仕事につかっていたはずですが、現在は
競走馬と乗馬だけ、ちょっと寂しいですね。

でも効率とか考えるとそうなってしまいますね。
都内では公道を歩くのも危険だしなぁ。

その点、海外では街中を騎馬隊がパトロールしてたり
今でも仕事として使ってる国がけっこういますね。
アムステルダムでも街中を馬でパトロールしている
警察官をみかけました。あそこの街は道路がぼこぼこの
レンガだったりコンクリートだったりでけして足場は良くないし
なにしろ狭い道にさらに水路が街じゅうに入り組んで
いますから水面はキラキラ光るし、ボートもあちこち止まって
いますし(ボートで生活している人がけっこういるそうです)
もちろん車も人も通るし、馬にとっては障害がたくさん、
その中落ち着いて歩くということはとても訓練されて
いるんだなぁと今となってはつくづく思います。
当時はまったく乗馬をやっていなかったので
もう一度見てみたいなぁ・・・見方が違うと思うから。

日本の警察の騎馬隊、警視庁の騎馬隊は100年以上の歴史
があったりするそうですが今の活動内容は、イベント時のみ
で日常的に使っているわけではありません。
皇居前でのみパトロールを行っているようです。
ちなみに、ほとんどがサラ(一頭だけ違うようですが詳細不明)
でやはり元競走馬ですべて牡。
イベントに使うことを考えると牝馬は難しいんですかね?
あのテンジンショウグンも騎馬隊にいます。
皆、和風な新しい名前がつけられて、(小学生などに公募するようです)
馬房にはわらがしきつめられ、一日5回の飼い。
競走馬なみのVIP待遇です。当然ですがとても綺麗に
手入れされていてみな男前な馬ばかり。
ここで一生を終えられたら幸せでしょうねぇ。
もちろんある程度年齢がいくと退役しているはずです、
馬が入れ替わっていますから。警視庁騎馬隊のHPでは
新馬(競走馬を引退したばかりの馬)の調教についても
記載されていて面白いです。

調馬索での練習をはじめ、公道で歩くことを想定して
タオルなどををまたぐ練習とか。子供を乗せる練習をする
最初の段階はぬいぐるみで代用とか・・・・
馬運車に乗せる練習、パレードの時のブラスバンドの
音に鳴らせるために調教中に太鼓を鳴らしているとか
いろいろ参考になること多いです。

しかしせっかくですからもっと日常的に使っていただけると
いいなぁとおもうんです。馬に仕事を与えないと、地方競馬
アラブ競馬の衰退を考えるとどんどん処分されてしまう馬が
増えていく一方・・・・。
地方警察で馬のパトロールとか取り入れてくれないかなぁ。
不祥事とか起こすくらいならちょっと変わったことを初めて
みてくれたらいいのに。

同郷?

昨日ムサシのプロフィールを作成していて気がついたことがひとつ。

それはカンパネラとムサシ、同じ町で生まれてるんですね。

国内の馬の産地はほぼ決まってるとはいえ驚き…
一才違いだし同じ町内にいた頃もあるのかなぁ。

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。